帰宅拒否症

目次

  • 帰宅拒否症とは
  • 帰宅拒否症になりやすいタイプの人
  • 帰宅拒否症の治療
  • 帰宅拒否症の予防

 

仕事人間、会社人間のつもりで残業していたのが、実は帰宅拒否症だったという場合もあります。

 

治療には家族の協力が欠かせません。

 

 

帰宅拒否症:関連カテゴリー

仕事中毒・仕事依存症(ワーカホリック)

帰宅拒否症|疲れているはずなのに家に帰りたくない?記事一覧

帰宅拒否症とは

(※画像はイメージです。)サラリーマンであれば誰でも一度や二度は、仕事が終わっても何となく家に帰りたくないという経験があるはずです。職場での面白くない思いを引きずって帰宅し、家族に不機嫌な顔を見せたり愚痴をこぼすよりは、同僚と楽しく一杯飲んで、気分転換したい気になるのも無理のないことです。しかし、帰宅拒否症はちょっと違います。退社時間が過ぎても何となく机を離れたくないという思いが強いのです。働いて...

帰宅拒否症になりやすいタイプの人

帰宅拒否症になりやすいタイプきまじめで仕事中心に生きてきたルーズなことが嫌いで要領が悪い昇進の見込みの薄い中間管理職家庭は妻にまかせきりで存在感が薄い趣味の仲間がいない帰宅拒否症にかかりやすい人の妻の特徴良妻賢母型性格が強く自己主張する妻が夫の出世や収入に注文をつける妻が夫を無視したり軽く扱う夫の交際費や小遣いを妻が制限する帰宅拒否症を起こしやすい家庭の特徴受験生の子どもがいる父親の居場所がない父...

帰宅拒否症の治療

帰宅拒否症の治療帰宅拒否症の治療はカウンセリングと精神科、神経科で行われます。日本ではカウンセリングは、まだまだ一般的とはいえませんが、受ける場合の注意としてはカウンセラーとの共同作業だという点です。病気についてはもちろんですが、仕事観、人生観についても十分、話し合うことが必要になります。帰宅拒否症はストレスによって起こるものですから、ストレスになる原因を解消することが優先されますが、まず自分自身...

帰宅拒否症の予防

帰宅拒否症のような心の病気は心の疲労から起こるものです。心の疲労は身体的な疲労と違って、周囲にも本人にも測りがたいところがあります。特にこの病気は几帳面で仕事熱心な人がかかりやすいので、疲労を感じても自分の体力不足や要領の悪さでかたづけがちですが、疲れたなと思ったら、まず休むことが大切です。そのためにも現在自分がどのくらいの大きさのストレスにさらされているかを知っておきたいものです。さらに日ごろか...

トップへ戻る