脇汗が多いけど、これってワキガ?普通の脇汗との違いと見分け方

脇汗が多いけど、これってワキガ?普通の脇汗との違いと見分け方

脇汗が多いけど、これってワキガ?普通の脇汗との違いと見分け方

脇汗が多いけど、これってワキガ?普通の脇汗との違いと見分け方

 

 

普通の脇汗とワキガの違い

 

普通の脇汗とワキガの違い

 

ワキガ(腋臭)の人は多汗を伴うことが多いのですが、脇汗が多いからといってワキガとは限りません。

 

多汗症は神経疾患、甲状腺機能亢進症、発熱性疾患、内分泌・代謝疾患、肥満が原因で全身性の発汗を起こすものと、手の平や足の裏などが、多汗である手掌多汗症があります。

 

手掌多汗症の人は、脇汗も多くなることがありますが、エクリン汗腺からの汗の分泌が異常に増えるだけで、ニオイが問題となるアポクリン汗腺ではないのでワキガ(腋臭)とは違い区別されます。

 

私たちが汗をかくのは体温調節のためですが、脇汗だけ多い場合は、特に精神的な要素が大きくなります。

 

 

脇汗だけが多い場合、腋窩多汗症(えきかたかんしょう)といい、ワキガとは区別されます。

 

 

多汗症は基本的にエクリン汗腺からで無色透明のサラサラした液体で、水分が99%、残りの1%が塩分となります。そのため、多汗症の汗は臭いはまったくありません。

 

一方で、ワキガの汗はアポクリン汗腺から出てきます。

 

本来はこの汗も無臭なのですが、成分にはたんぱく質や脂肪が含まれており、それが皮膚表面に出てくると、常在菌やさまざまな雑菌と結びついてワキガ臭となるのです。

 

ニオイの強さには個人差がありますが、通常の汗臭さとは明らかに違い、ワキガのニオイは特有のすえたような酸っぱいニオイがします。

 

汗をかくことが多い夏や運動時、不潔にしていた場合に、特に臭うようになります。

 

ニオイの程度は個人差があり、外ですれ違っただけでもワキガとわかるほど強いものから、脇に顔を近づけて初めてニオイに気づく人までさまざまです。

 

ワキガと普通の脇汗の違い

ワキガ

普通の脇汗

汗 腺

アポクリン汗腺 エクリン汗腺

部 位

脇の下 全身・局所

汗 量

個人差がある 非常に多い

原 因

遺伝要素が大きい 精神的な要素が大きい

臭 い

悪臭 無臭

治 療

手術 手術のほかに精神的治療

 


 

 

額や手の平、脇に大量の汗をかく多汗症

 

僅かな刺激で額や手の平、脇汗を大量にかく病気のことを多汗症といいます。

 

汗は、皮膚の全域に分布する約200万~400万個の汗腺から分泌されます。

 

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺との2種類があり、エクリン汗腺はほとんど全身に、アポクリン汗腺は脇の下や会陰部などに分布しています。

 

エクリン汗腺からの発汗には温熱性発汗と精神性発汗、味覚性発汗という三つがあります。

 

温熱性発汗

温熱性発汗とは体温を調節するための発汗です。

 

気温の上昇や運動などの刺激によって体温が上がると、全身のエクリン汗腺で汗がつくりだされ、汗孔(かんこう)から皮膚の表面に汗が分泌されます。

 

汗が蒸発することで体の熱が奪われ、体温を下げることができます。

 

精神性発汗

精神性発汗とは精神的な緊張によって、手の平、足の裏、脇の下に大量の汗をかくことをいいます。

 

味覚性発汗

味覚性発汗とは、香辛料や熱いラーメンなどを食べたときに、顔や頭に汗をかくことです。

 

 

 

同じ刺激を受けても、分泌される汗の量には個人差があります。人よりも多少、汗が多いからといって病気というわけではありません。

 

ただし、発汗を促す大きな刺激がないのに、1日に何度も着替えなければならないほど額や手の平、脇から大量に汗が出たときは要注意です。

 

また、少しの緊張で手足からポトポトとたれるほど汗をかくなど、極端な状態であれば、医療機関での診察を受けましょう。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る