脇汗や手汗が異常に多い原因は?

脇汗や手汗が異常に多い原因は?

 

 

身体に大量に汗をかくのは、自律神経系、内分泌系や代謝の異常が原因かも知れません。

 

脇汗や手汗が多いのは、自律神経系の異常が原因かもしれません。

 

僅かな刺激や、ちょっと動いただけで、脇汗や手汗など、全身に大量の汗をかく場合は、自律神経のバランスの崩れが原因と考えられます。

 

のぼせ、頭痛、脈が速い、めまいや立ちくらみ、手足の冷えやほてり、下痢や便秘など、さまざまな症状に伴って現れる急な多汗は、自律神経失調症や更年期障害の一症状です。

 

手の平や足の裏、脇の下、顔だけなど、局所的に大量の汗をかくタイプの多汗の原因の多くは、自律神経系の影響による精神性発汗で、緊張などが原因となります。

 

手の平がひどく汗ばむ手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)、脇の下に大量に汗をかく腋窩多汗症(えきかたかんしょう)などがあります。

 

日常生活に支障が出るようであれば治療を受けましょう。

 

 


 

思いあたる理由がないのに、汗を沢山かくときは、内分泌系や代謝の異常が原因かもしれません。

 

一方、思いあたる理由がないのに、汗を沢山かくときは、バセドゥ病などで甲状腺の機能が亢進(こうしん)している状態かもしれません。

亢進とは、「高い度合に(まで)進むこと」を意味します。

甲状腺ホルモンが過剰になり、新陳代謝が異常に活発になることから多汗となります。疲れやすい、やせる、動悸がする、喉ぼとけのあたりが腫れてきたといった症状が伴うときは、甲状腺機能亢進症が疑われます。

 

 

肺結核が原因で大量の寝汗をかくこともあります。

 

また、インスリン療法や血糖降下薬による治療を受けている糖尿病の人が、食事を決められたとおりにとらないと、薬が効きすぎて低血糖状態に陥り、大量の冷や汗をかくことがあります。

 

同じ刺激を受けても、分泌される汗の量には個人差があります。人よりも多少、汗が多いからといって病気というわけではありません。

 

ただし、発汗を促す大きな刺激がないのに、1日に何度も着替えなければならないほど額や手の平、脇から大量に汗が出たときは要注意です。

 

また、少しの緊張で手足からポトポトとたれるほど汗をかくなど、極端な状態であれば、医療機関での診察を受けましょう。

 

他の人よりも汗を沢山かきますが、どのくらいの汗をかくのが普通なのですか?

人種や気候、飲んだ水の量などによって、汗の量はかなり違います。

 

寒冷地の人は汗腺も汗の量も少ないのに対し、熱帯地方の人は汗腺が発達し汗の量も多いといわれています。

 

むし暑い日本の夏の場合、普通でも1日2リットルの汗をかきます。

 

ただしその多くはすぐに蒸発するため、汗をかいた気がしません。

 

運動や激しい労働をした後は、1日10リットルもの流れるような汗をかくこともあります。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る