リスクが大きい紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)

リスクが大きい紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)

リスクが大きい紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)

リスクが大きい紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)

 

 

過換気発作が起こると、二酸化炭素の排出量が増えて血液中の二酸化炭素が不足します。

 

この状態を改善するためには、とり込む酸素の量を減らし、血液中の二酸化炭素の量を増やす必要があります。

 

一番手軽なのは、しばらく息を止めて、酸素を吸い込まないことです。

 

 

しかし、うまく息を止められない人もいます。

 

その場合には、以前は紙袋を口にあて、自分の吐いた息を再び吸い込む紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)が有効とされてきました。

 

 

吐いた息には二酸化炭素がたくさん含まれているので、呼吸を止めるよりも楽に、素早く血液中に二酸化炭素を供給することができると考えられていたのです。

 

紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)は、発作をやわらげるだけでなく、過換気症候群の診断にも用いられました。

 

 

発作時に医師の診察を受けた患者は、その場で紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)を行い、発作が治まれば、過換気症候群にみられる呼吸性アルカローシスが起こっていたとみなされました。

 

しかし、現在では、「紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)は行わない」というのが過換気症候群の治療現場の原則となっています。

 

 

パニック障害の患者が紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)を行い、二酸化炭素などを吸い続けると、ますます症状が悪化することがわかったからです。

 

 

そのために死に至ったケースも報告されています。

 

また、過換気症候群ではなく、呼吸器や心臓血管系の疾患によって起こった過換気発作であった場合も、紙袋を口にあてるとかえって苦しくなったり、病状を悪化させてしまいます。

 

 

完全にパニック障害ではないということがわかっている場合に限ればこの呼吸法は有効ですが、実際にはどんな患者でも「過換気発作の原因が絶対にパニック障害ではない」と断定することは難しいので、こうしたリスクの高い呼吸法は行われなくなっています。

 


 

急に発作が起こったときの対処

 

はじめての発作のときは、迷わず素早く救急車をよびます。

 

過換気発作は、さまざまな病気の症状として現れる可能性がありますから、はじめて発作を起こした時点ですべて心理的なものと判断するのは危険です。

 

 

まずは病院へ行き、検査と処置を受けましょう。

 

検査の結果、身体的な異常がみつからなければ、過換気症候群であると診断されます。

 

 

その後、2回目、3回目の発作が起こった場合には、浅くてゆっくりした呼吸を心がけ、病院で処方された薬を正しく服用し、発作が起こっても自分で対処できるようにすることが大切です。

 

また、家族やまわりの人は、患者が発作を起こしたときには落ち着いて呼吸ができるよう、からだを支えてあげましょう。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る