過換気症候群(過呼吸症候群)の治療

過換気症候群(過呼吸症候群)の治療

過換気症候群(過呼吸症候群)の治療

過換気症候群(過呼吸症候群)の治療

 

 

過換気症候群の治療はストレス耐性を身につける

 

過換気症候群(過呼吸症候群)の治療では、症状をとり除くのはもちろん、精神的ストレスに対する耐性をつけて、ストレスがかかっても発作が起こらないようにすることが大切です。

 

 

過換気症候群は、精神的な問題が根本にあって、それが精神・身体両面の症状に現れているといえます。

 

したがって、治療も心身両面から行うと、より効果が上がるとされています。

 

 

ストレスが原因で起こった症状の改善によく用いられる治療法に、バイオフィードバック法があります。

 

 

私たちのからだでは、ストレスがかかったときには、自覚できる症状以外にもさまざまな変化が起こっています。

 

 

バイオフィードバック法は、こうした意識に表れないからだの変化を、機械を使って計測し、音などの信号に変えて本人に認識させ、症状の改善を図ります。

 

意識的に心身をリラックスさせ、からだの状態を整え、さらには心の状態まで改善することを目指す方法です。

 

また、自律訓練法も有効です。

 


 

ストレスの正体を見極める

 

さまざまな療法によって、症状を媛和しても、発作の原因の根本である心の問題を解決しなければ、いつかまたストレス性の病気にかかってしまいます。

 

過換気症候群など心因性の疾患を予防するためには、自分の心の問題やストレスの正体を見極めて、解消する必要があります。

 

 

その意味では、専門家によるカウンセリングを受けたり、親しい人と繰り返し話し合い、どこに原因があるのかを突きとめることも重要です。

 

過換気症候群の発作はストレスが原因で起こることが多いようです。

 

なるべくストレスがかからないような生活を心がけましょう。

 


 

過換気症候群の治療は抗不安薬が効果的

 

抗不安薬などによる薬物療法で、心身の安定を図る方法もあります。

 

 

過換気症候群は、不安や緊張といった精神的ストレスが原因となって発症し、発作によって不安や死の恐怖などの精神症状が増強されていきます。

 

そこで、そうした不安をとり除く薬物を用いて発作を予防したり、症状の軽減を図ります。

 

 

過換気症候群の治療では、症状の強さなどに応じて、数種類の抗不安薬がよく使われています。

 

なかには、ほかの精神疾患との関連性から過換気症候群をいくつかにタイプ分けして、治療法を区別している医師もいます。

 

 

人によって症状の起こり方には違いがあるので、通常、治療方法や薬物の選択は、患者個々の状態に合わせて行われています。

 

パニック障害に非常に近い場合など、抗うつ薬がよく効くケースもあります。

 

 

 


 

 

神経に作用して心臓の拍動を抑え、酸素の消費量を減らすβ-ブロッカーも、過換気症候群に有効な薬の一つです。

 

 

過換気発作は、酸素不足の情報を受けた呼吸中枢が酸素をとり込むよう指令を出すことで症状が促進されます。

 

実際は酸素過剰になっているからだの状態を中枢が間違って認識して、過剰に反応しているといえます。

 

 

そこで、神経の反応を鈍らせて発作を起こさないようにするのです。

 

β-ブロッカーは、即効性がないので、毎日継続して服用しなければなりませんが、多くの副作用があります。また、β-ブロッカーが過換気症候群の引き金となったケースも報告されているので、医師の指示に従っで慎重に服用しましょう。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る