過換気症候群(過呼吸症候群)とは

過換気症候群(過呼吸症候群)とは
(※画像はイメージです。)

 

 

過換気症候群(HVS)は、突然呼吸が乱れて息を吸いすぎてしまう過換気発作(過呼吸)に続いて、胸苦しさや胸の痛み、動悸、頭痛、めまい、手足や口のまわりのしびれ、けいれんなど、全身に多彩な症状が現れる症候群です。

 

 

過呼吸症候群ともよばれます。

 

不安や恐怖といった精神症状も過換気症候群の特徴で、重症になると意識が混濁してもうろうとしたり、失神するケースもあります。

 

 

過換気発作とは、文字どおり呼吸による空気の出し入れが過剰になる状態で、懸命に呼吸をしているうちに酸素を吸いすぎ、二酸化炭素を吐きすぎてしまいます。

 

発作が進むにつれて呼吸が苦しくなっていく一種の呼吸困難です。

 

 

この発作は、心筋梗塞や心不全といった心臓疾患や、肺炎、肺水腫などの呼吸器疾患をはじめ、そのほかのさまざまな病気の症状として起こる場合もあります。

 

 

ただし、一般には心因性で、過換気発作(過呼吸)の原因となりえる身体的疾患がないことが、過換気症候群と診断される一つの条件とされています。

 

 

男性に比べて神経過敏になりやすい女性に多く発症し、比率は1対2あるいは1対3といわれ、年齢的には若い世代に多いとされていましたが、近年は精神的な未熟さが30~40代にも及んでいることから、年齢、性別に関係なく広くみられるようになってきているようです。

 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

過換気症候群(過呼吸症候群)の原因とメカニズム
過換気症候群(過呼吸症候群)の原因と起こるメカニズムは、次のようなものだと考えられています。
過換気発作(過呼吸)を起こすからだの病気とその特徴
過換気発作を起こす原因には上記のようなものがあります。一般に過換気症候群といわれるのは、からだの病気がないにもかかわらず、発作的に過換気状態に陥り、それに伴ってさまざまな身体症状や精神症状が出てくるものを指します。
過換気症候群(過呼吸症候群)とパニック障害との関連
過換気症候群(過呼吸症候群)の症状は、1994年に出されたDSM-Ⅳ(「精神疾患の分類と診断の手引き」アメリカ精神医学会編)で、不安障害の一種に分類されているパニック障害によく似ています。
リスクが大きい紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)
過換気発作(過呼吸)を改善するためには、しばらく息を止めて、酸素を吸い込まないことです。以前は紙袋を口にあて、自分の吐いた息を再び吸い込む紙袋再呼吸法(ペーパーバック法)が有効とされてきました。
過換気症候群(過呼吸症候群)の治療
過換気症候群(過呼吸症候群)の治療では、症状をとり除くのはもちろん、精神的ストレスに対する耐性をつけて、ストレスがかかっても発作が起こらないようにすることが大切です。

このページの先頭へ戻る