劣等感(劣等コンプレックス)

劣等感(劣等コンプレックス)

目次

  • 劣等感(劣等コンプレックス)とは
  • 心理学における劣等感
  • 容姿劣等感と競争関係にまつわる劣等感
  • 劣等感を克服する方法
  • 幼少年時代の感情の交流が大切
  • ブランドコンプレックス

 


 

人と比較することによって生まれる劣等感がない人はいません。

 

しかし、コンプレックスをプラスの方向に転化することで、劣等感を軽減することができます。

 

日常生活にデメリットをもたらす一面もありますが、自己を高めるエネルギーに転化させるように心がけましょう。

 

 

劣等感(劣等コンプレックス):関連カテゴリー

醜形恐怖症(容姿コンプレックス) 吃音 あがり症

劣等感(劣等コンプレックス)記事一覧

劣等感(劣等コンプレックス)

(※画像はイメージです。)誰にでもある劣等感自分が他人よりも劣っていると自覚することは、人生のさまざまな局面で誰しも経験するものです。他人よりも劣っているという意識や感情は、一時的なものとして忘れ去られてしまうこともあれば、深層心理のなかにずっと潜伏し続ける場合もあります。子どもから大人へと成長していくなかで、最も強く劣等感を意識し増幅させる時期は、学園生活を中心とした思春期です。競争原理を背景に...

劣等感とはインフェリオリティ・フィーリング(inferiority feeling)の訳ですが、一般的には自分が何らかの点で他人より劣っていると感じること、またはその際の感情的反応をいいます。オーストラリアの精神医学者で心理学者のアドラーは、人間は、その成長の過程で両親や周囲の人に対して常に何らかの劣等感をもち、この劣等感が人格を形成するうえで中枢的な役割を果たすと考えました。例えば、ナポレオンは...

容姿劣等感(容姿コンプレックス)と競争関係にまつわる劣等感

目次容姿劣等感と競争関係にまつわる劣等感 体格や容姿にまつわる劣等感 競争関係にまつわる劣等感容姿劣等感(容姿コンプレックス)と競争関係にまつわる劣等感劣等感(劣等コンプレックス)の対象となるものは、数多く存在します。まず、両親や兄弟姉妹とのかかわりなどの家庭環境や成長過程で生じるもの、学校や会社などの社会生活で現れてくるもの、そして日本に特有の社会通念や民族性、宗教観などの影響から生まれるものな...

劣等感(コンプレックス)を克服する方法

目次劣等感を克服する方法 劣等感に振り回されずにすむ克服方法 セルフカウンセリングのすすめ 自分のアイデンティティーの確立に努め、心の調和を保つ訓練が必要劣等感(コンプレックス)を克服する方法劣等感(コンプレックス)は、消極的な感情反応の面だけがとり上げられがちですが、ときには積極的な感情反応が生みだされることもあります。オーストラリアの精神医学者で心理学者のアドラーは、人間の究極の行動要因は優越...

幼少年時代の感情の交流が大切

劣等感は誰の心にも潜んでいます。自己と他者との関係において、意識的であれ無意識的であれ、他者との違いを識別することで人間の健全な個性が存在しているといえます。精神面でいえば、人間はどのようなときでも他人と自己とを比較することによって生きており、その違いを認識することから劣等感は生まれるのです。劣等感は日々の生活のなかで、さまざまな要因が複合的に関係して頭をもたげることがあります。ときには心の均衡と...

ブランドコンプレックス

ブランド製品に群がるブランドコンプレックス(ブランド依存症)は、劣等感のなせるわざということができます。OLや女子学生たちが、食費も削って不相応なブランド品をもつことが、流行のようになっています。これは、仲間内でひそかな競争意識をもち、相手よりも優位に立ちたい、劣等感をもちたくないという心の現れです。ブランドコンプレックスは、ブランド以外にものの値打ちを測る尺度をもたないことの裏返しともいえます。...

トップへ戻る