ムダ毛コンプレックス解消法!毛深い悩みを今すぐ解決

 

 

女なのに昔から毛深いから、夏は嫌い・・・
基本年中毛深いことには悩んでいますが、夏場は特に永久脱毛を考えてしまいます。


 

 

 

ワキ毛やすね毛など、全身のムダ毛が濃く、太くなってしまった・・・
ギャランドゥ(へその下の毛)までが生えていて恥ずかしい・・・


 

 

 

自己処理をしているうちにどんどん濃くなってしまいました。
人一倍毛深くて「毛深さで嫌われたら><」って思うと怖くて恋愛できない・・・


 

毛深いことの悩みってデリケートな話だけに人に相談しにくいですし、辛いことですよね…

 

その結果、誰にも相談せずにムダ毛を気にしすぎて過剰に処理をし、それが逆効果になって毛穴が拡張したり、埋没毛になったりで、、コンプレックスを持ってしまう人も多いはず。

 

このようなムダ毛・毛深いことを悩み、コンプレックスになってしまってる方に悩みを今すぐ解決する脱毛方法を紹介します。

 

ムダ毛のさまざまな脱毛・処理方法チェックし、あなたに適した方法でコンプレックスを解消しましょう。

 

脱毛方法には、大きく分けて一時脱毛法と、永久脱毛法の2種類があります。

 

ここでは6つの一時脱毛法と、2つの永久脱毛法をご紹介します。

 

ですが、コンプレックスに悩む人は、一時脱毛法は今まで散々試してきました方が多いはず・・・。これではコンプレックスの解消されませんね。

 

あくまで一時脱毛法は今すぐ解決したい人の方法です。「ムダ毛コンプレックスの悩み」を根本的に解消するには、やはり医療レーザー脱毛が必要です。

 

医療レーザー脱毛

 


 

一時脱毛法

一般的に行われているのは一時脱毛で、毛が伸びてくるたびに処理します。以下に6つの一般的な一時脱毛法をご紹介します。

 

一時脱毛法は毛根は生きているので、永久脱毛は出来ないものの、医療レーザー脱毛にはないメリットもあります。

 

明日このムダ毛を何とかしたい!という時に役に立つのが一時脱毛です。現在、ムダ毛処理のために、さまざまな製品が発売されています。脱毛する部分や毛の状態に合わせ、皮膚を傷めないように使いましょう。

 

【シェービング】

シェービング

最もポピュラーな方法で、クリームを使って毛を軟らかくしてから、カミソリでそり落とします。女性用の電気カミソリもよく使用されます。

 

皮膚に炎症を起こしたり、逆ぞりで毛が皮膚内にもぐる埋没毛になることもあるので注意しましょう。

 

【毛抜き】

毛抜き

毛抜きは1本1本抜くので時間がかかり、痛みがあります。まゆ毛やあごなど比較的数の少ないムダ毛の処理に使用されます。

 

毛抜きによる脱毛は、仕上がりはキレイかもしれませんが、それは一時的なものです。肌へのダメージは非常に大きいということを忘れてはいけません。

 

また、毛抜きで自己処理を繰り返すうちにできてしまう埋もれ毛(埋没毛)や、毛穴拡大という心配などもあり、注意が必要です。特に、色が白い人や皮膚が薄い人などの埋没毛は目立つようになってしまいます。

 

【脱毛ワックス】

脱毛ワックス

脱毛ワックスは溶かして、温かいうちに処理したいところへ塗り、乾いて硬くなったら毛の向きと反対の方向へ一気にはがします。

 

現在はブラジリアンワックスなどが有名で、足や腕など、広い面積が一度に処理できます。ワックス剤にはソフトワックスとハードワックスがあり、施術部位より用途が異なります。

 

また、粘着性の強いワックスがテープについている脱毛テープなどもあります。

 

脱毛ワックスは、無理に抜きとる方法なので痛みがあり、毛穴に炎症が起こったり、黒ずんだりすることもあります。

 

【脱毛クリーム】

脱毛クリーム

手軽に使える脱毛クリーム(除毛クリーム)です。脱毛クリームには無機硫化物を主成分とするものとチオグリコール酸塩を主成分とするものがあります。

 

塗ってしばらくおくと強いアルカリの作用で毛の弾力がなくなるので、簡単にふき取ることができます。

 

脱毛クリームはワキや腕・足用となっている商品がほとんどです。皮膚が薄いVIOラインや顔などは、刺激になりやすい部位ですので、使用可能かどうかを確認してから使用するようにしましょう。

 

【脱色】

脱色

脱色は毛を目立たせなくする方法です。市販の脱色剤を購入し、脱色する前に少量の脱色剤を塗ってパッチテストを行います。

 

パッチテストにクリアしたら、処理する部分に塗り指定の時間までラップなどで包んでおきます。

 

化学的作用で処理するので、皮膚にダメージを与えることがあります。また、日本人で体毛が金色の人はいないので、体毛のかなり濃い人が脱色すると余計に目立つ傾向にあります。

 

【家庭用脱毛器】

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、照射パワーの弱いマシンを使って一時的にムダ毛を減毛するという制毛処理なので、医療脱毛に比べると脱毛効果は劣りますが、脱毛サロンと比べると効果はほぼ同じなので十分に脱毛効果あります。

 

家庭用脱毛器には、毛を引き抜くタイプや毛を焼くタイプのものもありますが、これらの脱毛器はカミソリ処理と効果は変わらないので注意しましょう。

 

家庭用脱毛器を選ぶときは、フラッシュ脱毛(光脱毛)ができるものがオススメです。

 

 

 

永久脱毛したい方は脱毛施術前に、一時脱毛するのは控えましょう。

 

脱毛レーザーは黒色だけに反応する性質を利用して、毛根を選択的に焼灼し破壊します。

 

自分で抜いてしまうと、レーザーが反応しにくくなるので、せっかくの施術も意味がありません。

 

 


 

永久脱毛法(電気・レーザー)の違い

 

永久脱毛には、電気脱毛法とレーザー脱毛法の2種類があります。

 

どちらも、毛乳頭を破壊して、毛が生えないように処理する方法ですが、脱毛方法に違いはあるのでしょうか?

 

【電気脱毛法】

電気脱毛法(美容電気脱毛)は、「絶縁針脱毛」「ニードル脱毛」とも呼ばれていて、細い針を毛根に沿って挿入し、毛をつくりだす毛乳頭に電流を流して破壊します。

 

現在よく行われているのは、電気分解法と電気凝固法を併用したブレンド法という療法です。

 

電気脱毛法の欠点は1本ずつ毛根を処理しなければならないため、非常に時間がかかり、かなりの痛みを伴うことです。

 

針が毛乳頭に達しているか確認できないため、破壊し残した毛がまた生えてくる場合も多く、処理あとが炎症を起こしたり、黒っぽく色がつくこともあります。

 

電気脱毛法を採用しているメンズ脱毛では「メンズTBC」「ダンディハウス」などが有名です。

 

現在ではレーザー脱毛の方が人気がありますが、電気脱毛はレーザー脱毛がでる前からある脱毛方法で、根強い人気もあります。

 

【レーザー脱毛法】

ロングパルスアレキサンドライトレーザーが黒色だけに反応する性質を利用して、毛根を選択的に焼灼し破壊します。

 

からだや皮膚に負担を与えず、半永久的に障害なく除毛でき、さらにくすみ、ソバカスなどの薄いシミに高い効果があります。

 

レーザーの照射時間は直径1cmの範囲で0.02秒で、片腋の処理が1~2分ですみます。一瞬ちくりとするくらいの痛みがありますが、皮膚の表面に障害を起こさないため、やけどや色素沈着などのトラブルが発生しません。

 

レーザーの性質上、濃い毛だけを選ぶのでうぶ毛は残り、皮膚の保護の面でも安心です。

 

電気脱毛法もレーザー脱毛法も、安全性やアフターケアの点を考えて、医師のもとで受けるようにしましょう。

 

悩んでいるあなたにおすすめしたいのが、「医療レーザー脱毛」です。悩んだらまずはクリニックに相談しましょう。

 

医療レーザー脱毛

 

最近はレーザー脱毛の値段とっても下がりました。一生分のお手入れ時間と脱毛(除毛)グッズの値段を考えたら決して高くないと思います。

 

以下にオススメの医療レーザー脱毛クリニックをご紹介します。

 

施術回数が選べるアリシアクリニック

アリシアクリニック

 

脱毛と同時に肌の悩みも改善!

 

クリニック満足度

 

 

 

全顔1回・VIO付きの全身脱毛8回のスピード完了プランが人気で全身まるごと脱毛したい!という人から高い支持を集めています。

 

2回目位から早くも効果が現れ、4回目からは十分毛が目立たなくなります。一つの箇所4回くらいでほとんど毛が目立たなくなります。効果は抜群です!

 

 

 

全身脱毛が安い医療脱毛ならレジーナクリニック

 

レジーナクリニック

 

最短8ヶ月で脱毛完了!

 

クリニック満足度

 

 

 

レジーナクリニックは全身脱毛が安い医療脱毛として人気急上昇中の脱毛クリニックで、なんと顔・VIOを除く全身脱毛5回が189,000円となっており、20万円以下で全身脱毛を始めることが出来ます。

 

レジーナクリニックの脱毛効果の秘密は2種類の医療脱毛機器!一人ひとりの毛質や肌質に合わせて医療脱毛機器を使い分けているため、効率よく脱毛を完了させることが出来ます!

 

 

医療レーザー脱毛を受けた人の口コミ

 

 

 

 

 

 

 

医療レーザー脱毛のメリット

  • 医療脱毛は、時短×節約できる脱毛法
  • 万が一の際も医師免許、看護師免許保有者がその場で診察・治療
  • エステサロンでは「一時的な減毛」しかできない
  • エステサロンの光脱毛より5倍以上の威力がある

 

 

 

昔から女性は、より美しくなるため、また身だしなみとして、わき毛やすね毛などのムダ毛処理にさまざまな方法を試みてきました。

 

ツルツルスベスベの肌が好まれ、若い男性のなかにもムダ毛処理をする人が増えています。

 

ムダ毛のコンプレックスが解消すると、「恋愛・ファッション・海・水着」など、目に飛び込んでくる情報が変わり、心が軽くなります!

 

しかし、体毛には身体を守るという役割があるのですから、むやみに抜くのではなく、本当に気になる部分にとどめましょう。

 

体毛についての豆知識

人間には、髪の毛、まゆ毛、ひげをはじめとして、全身に約140万本の体毛があります。そのうち髪の毛は約9万~15万本といわれています。わき毛は片方で800本程度です。

 

また、毛の成長は場所によって違います。個人差もありますが平均して髪の毛は1日0.2~0.5mm、ひげは0.4mm伸びます。

 

まゆ毛やまつ毛、わき毛、胸毛、陰毛などは一定の長さになり、あとはほとんど伸びません。ただし、鼻毛はほこりっぽいところで生活していると、環境に応じて長く伸びることがあります。

 

髪の毛は成長期が長くて休止期が短く、わき毛や胸毛、陰毛、手足の毛などは、成長期と休止期がほぼ同じ長さになっています。髪の毛が長く伸びるのは、このためです。

 

毛の伸び方には季節差があり、秋、冬より春、夏のほうが成長が早いとされています。

 

毛髪と体毛の役割

 

体毛は体温を保ち、衝撃や摩擦などからからだを保護するという大切な役割をもっています。

 

例えば、髪の毛は脳を、まゆ毛やまつげは眼球を守っています。体毛は紫外線を吸収して皮膚に伝えにくくし、肌の老化などを防いでいるのです。

 

また毛根のわきには皮脂腺があり、毛穴を通して脂を分泌して、皮膚に潤いやつやを与えています。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る