体内時計・レム睡眠とノンレム睡眠がつくりだす睡眠周期と睡眠の関係

体内時計・レム睡眠とノンレム睡眠がつくりだす睡眠周期と睡眠の関係

体内時計・レム睡眠とノンレム睡眠がつくりだす睡眠周期と睡眠の関係

体内時計・睡眠周期と睡眠の関係

 

 

私たちは通常、朝に目覚め、夜に眠るという1日のリズムを繰り返しています。この約1日周期のリズムを、「サーカディアン・リズム(概日リズム)」といいます。

 

哺乳動物では、視床下部の底部にある視交叉上核に、このリズムをつくる体内時計があります。

 

この体内時計が、ほぼ1日を周期とする活動と休息のリズム信号を出しています。

 

 

通常は、夜間の休息の時間帯のほうが、昼間の活動の時間帯よりも、眠るのに都合がよいように組み込まれているわけです。

 

よりよい眠りをとるためには、夜間の決まった時間に寝ることが大切だとされているのは、このリズムのためです。

 

 

眠りをコントロールするには、規則的な生活を送ることが大切です。

 

寝不足だからといって不規則に寝起きするより、生活のリズムを崩さないことです。寝不足については、眠りの質を高めることによって、埋め合わせることができます。

 


 

自分に合った寝具を選ぶ!質の高い睡眠を得られるマットレス特集!

 

レム睡眠とノンレム睡眠がつくりだす睡眠周期

 

睡眠のリズムには、脳の中の体内時計による管理のほか、レム睡眠とノンレム睡眠がつくりだす、1周期約90分の睡眠周期があります。

 

睡眠中の脳波を調べてみると、睡眠には周期があって、深い睡眠(ノンレム睡眠)と浅い睡眠(レム睡眠)を繰り返していることがわかります。

 

おおまかにいえば、ノンレム睡眠は「精神的な疲労を癒す眠り」、レム睡眠は「肉体的な疲れを癒す眠り」です。

 

 

私たちが日中行っているさまざまな精神活動は、大脳がつかさどっていますが、ノンレム睡眠は、この大脳の機能を低下させることで、昼間酷使した大脳の疲労を回復させます。

 

それに対しレム睡眠は、筋肉の活動レベルを極力下げることで、筋肉を休ませ、からだの疲労を回復してくれます。

 

この二つの眠りがワンセットになって、一晩のうちに何回か繰り返されることで、一つのリズムをつくっています。

 

 

このリズムによって眠りの状態が自動的に調整され、バランスがとれた眠りとなるわけです。

 

心もからだもリフレッシュできる快眠とは、ノンレム睡眠とレム睡眠がリズミカルに繰り返される眠りです。

 


 

 

また、眠気をもよおす要素の一つに、体温の変化があります。

 

私たちの体温は1日の間、1℃以内の小さな変化ですが、活動と休息のリズムに合わせて微妙に変化しています。

 

 

具体的には、体温の低い時間帯が休息期、高い時間帯が活動期に当たります。これは1日の睡眠・覚醒のリズムと同様、体内時計に管理されています。

 

そこで、体内時計に従って、夜になって体温が下がりかけてきた時刻に布団に入り、早朝の体温が上がりかけてきたころに起きれば、寝つきも目覚めもスムーズにいくわけです。

 

このリズムに従えば、質のよいノンレム睡眠の深い眠りが早く得られることになります。

 

 

目まぐるしく変動する社会で、日々、時間に追われて生活している現代人にとって、規則正しいリズムで、好きなだけ睡眠をとることはなかなか難しいことです。

 

それだけに心とからだの健康には心地よい睡眠の確保が重要です。

 


 

 

快眠を得るためには、まず生活のリズムをつくり、できるだけ規則正しく過ごすことです。

 

その結果、体内時計は正確にリズムを刻み、就寝時刻になると自然に眠気をもよおして、すんなり眠りに入れるようになるはずです。

 

最近はストレスを解消し、心とからだの疲労回復のため、睡眠は重視されていて、世の中にはさまざまな睡眠をサポートするサプリメントや寝具(グッズ)があふれています。

 

そのすべてが自分にとって有効とは限りません。私たちの眠りは、精神的、社会的な要因に大きく影響を受けるので、実に多様です。

 

一人ひとりが、自分にとって有効な方法を工夫し、短くても質のよい眠りが得られるようにすることが大切です。

 

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る