台所症候群

台所症候群

目次

  • 台所症候群とは
  • 価値観の多様化にゆれる女性心理
  • 30~40代で崩れやすい精神バランス
  • 台所症候群の治療

 

台所症候群に陥ると、心身にさまざまな症状が現れます。

 

台所に立とうとするとめまいや頭痛を覚えたり、むなしさや憂うつ感におそわれることもあります。

 

台所症候群|主婦や母親としての目標や充実感を失った女性が陥りやすい?記事一覧

台所症候群とは

(※画像はイメージです。)価値観の多様化を背景に増加している主婦症候群の一つで、主婦が家事に対する虚無感におそわれて、台所に立てなくなるケースです。主婦という立場に起因するさまざまな心身症状を、主婦症候群と総称しますが、その一つに、台所症候群があります。台所症候群は、主婦が突然、家事をするのがむなしい、台所に立つのがこわいといった心理状態に陥り、それが要因となってからだにもさまざまな症状が現れるケ...

価値観の多様化にゆれる女性心理

近年、女性の生き方や価値観の多様化に伴い、主婦をとりまく環境も大きく変化してきています。「永久就職」「良妻賢母」といった言葉に象徴されるように、かつて女性の幸せは、結婚し、妻として母として生きることにあるという考え方が大勢を占めていました。女性の役割は、家庭を守り、子どもを育てあげることとされ、多くの女性がこうした通念に従った生き方を選択してきたといってよいでしょう。ところが近年では、社会の中で活...

30~40代で崩れやすい精神バランス

台所症候群に陥る要因には、女性のライフサイクルとさまざまな出来事のほか、身体的、精神的変化が大きく影響しています。女性のライフサイクルは、思春期を経て、性成熟期、更年期、老年期に大別できます。性成熟期は20~40代前半、更年期は40代後半~50代です。60代以降が老年期とされます。性成熟期から更年期にかけては、結婚、妊娠や出産、子育てと、身体面でも精神面でも、女性にとって大きなライフイベントが次々...

台所症候群の治療

目次台所症候群の治療 カウンセリングで発想の転換を促す 自分の存在を容認することが重要台所症候群の治療台所症候群の誘因や現れる症状は、人によってさまざまです。精神神経科や心療内科での診察では、まず問診によって、めまいや頭痛などの身体的な自覚症状と、過去にかかったことのある病気、家族の病歴、生活歴などを詳しく聞かれます。本人も気づいていない発症のきっかけや原因を見いだすためにも、これまでの生活を医師...

トップへ戻る