恋愛妄想とは?

恋愛妄想とは?
(※画像はイメージです。)

 

 

恋愛妄想というのは「被愛」、つまり他の人(人々)から愛されていると一方的に思い込むもので、統合失調症の一症状として、あるいは反応性の妄想として現れます。

 

反応性の場合は、統合失調症と異なり幻聴やほかの妄想が出ることはありません。

 

 

一方的に好きになるという点では、片思いや横恋慕などの恋愛感情に似てなくもありませんが、恋愛妄想の場合は相手の気持ち、相手と自分とのスタンスなど、客観的な周囲の情勢を読むことがまるでできません。

 

この場合、肉体関係の有無は特に関係ありません。

 

たとえ一度交渉があったとしても、相手にそれ以上の関心がなく、はっきり「ノー」の意思表示がなされても、相手の気持ちを推し量ることができないのです。

 

恋愛妄想に陥るのは圧倒的に女性が多く、特に20代の独身女性に集中しているといわれますが、恋愛の主導権を握るのが必ずしも男性でなくなった現在は、男性にも発現の機会が増えると思われます。

 

妄想の対象となるのは、一言でいえば「あこがれの的」になりうる人です。

 

 

一般に自分より立場の高い人で、身近な人もいれば、芸能人や政治家などの有名人、自分の話を真剣に聞いてくれる医師やカウンセラー、プロとして親切に接してくれる看護師なども、しばしば対象になりがちです。

 

ただし、厳密な意味での恋愛妄想は非常にまれです。

 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

想像上の愛(エロトマニー)と身分の高い相手を選ぶクレランボー症候群
恋愛には、思い込みも、見栄やうぬぼれも必要でしょう。ある面で正気の沙汰でいられなくなったり、互いを傷つけあったりする面もあります。ときに常軌を逸した行動に出るのもまた自然なことといえるかもしれませんが、一般に病的な症状を持つものとしては次のようなものがあります。
恋愛妄想の症状【自我障害や妄想による逸脱行動があげられます】
恋愛妄想の症状では、自我障害や妄想による逸脱行動があげられます。現実には恋愛関係が進展していなかったりまったくないにもかかわらず、現実と空想の境があやふやになったりします。
恋愛妄想に陥りやすい人の特徴とタイプ
恋愛妄想に陥りやすい人の特徴をあげると、引っ込み思案で、学業成績も比較的よく、周囲からはまじめなよい子とみられている人が多いようです。また、思春期に本を読んでは物語の主人公にあこがれ、一人で空想するような空想癖をもっていたり、物思いにふける傾向も強いようです。
恋愛妄想の治療
恋愛妄想の場合、患者本人が自分の異常性に気づいて医師にかかることもまれにありますが、通常は言動がおかしいと感じた家族や職場の上司などに勧められて、精神科の診察を受けるケースがほとんどです。
恋愛妄想の予防
恋愛妄想を引き起こす要因として、内向的な性格や空想癖、父親が厳格な家庭環境などがあげられますが、人間としての未熟さや自立心の不足も一因と指摘されています。

このページの先頭へ戻る