恋愛妄想の治療

恋愛妄想の治療

恋愛妄想の治療

 

 

恋愛妄想の場合、患者本人が自分の異常性に気づいて医師にかかることもまれにありますが、通常は言動がおかしいと感じた家族や職場の上司などに勧められて、精神科の診察を受けるケースがほとんどです。

 

統合失調症性の恋愛妄想の場合は、精神科医師によるカウンセリングもなかなか容易ではありません。

 

 

パラノイア性の恋愛妄想の場合は、妄想や病的な行動にもかかわらず、比較的穏やかに応答ができる場合もあり、医師は病状などの詳しい聞き取りとカウンセリングを行います。

 

相手が職場の上司などの場合は、入院といった手段をとることで相手と物理的に会えない状況をつくることが肝心です。

 

スポンサーリンク


 

恋愛妄想の薬物治療

 

薬物治療では、向精神薬が使われます。

 

向精神薬を数か月単位で服用することによって、妄想や幻聴はかなり治まってきますが、症状が完全になくなるにはかなりの時間がかかるようです。

 

 

しかし、日常生活には支障がなく、仕事も続けられますので、あまり心配する必要はないでしょう。

 

向精神薬を女性が服用する場合には、月経不順や肥満といった副作用が生じやすいため、勝手に薬をやめてしまうことがあります。

 

 

精神科で使用する薬は、一般的に一定期間服用しないと十分な効果が期待できません。

 

医師は症状に応じて適量を投与するわけですから、医師の指示を守ることが大切です。

 

スポンサーリンク


 

恋愛妄想患者の医師への依存

 

治療を受けるなかで、恋愛妄想の患者は医師に依存する傾向が強く、患者が女性の場合は男性の医師に恋愛に似た感情を抱くこともあります。

 

医師は患者の置かれている状況を説明して、申し出をきっぱりと断りますが、そのことによって症状が悪化したり落ち込んだりすることは少なく、治療には支障はありません。

 

 

恋愛妄想の患者は、入院や通院で病状が落ち着くと、社会復帰して通常の生活に戻ることができます。

 

気持ちが落ち着かず精神状態が悪くなると、自分で精神科を訪れ、診察や投薬を希望する患者もいます。

 

妄想や幻聴が完全になくなるまでには時間がかかるかもしれませんが、主治医のアドバイスや家族の励ましを支えにして、根気強く病気とつきあっていく必要があるでしょう。

 

 

日ごろから自立心をもち、失恋をおそれずに異性と交際する勇気をもつよう心がけることが大切です。妄想や幻聴などの兆候に気づいたら、早目に医師に相談することです。

 

多くの場合、カウンセリングや投薬によって恋愛妄想の症状は落ち着き、仕事や日常生活には支障がなくなります。

 

あせらずに時間をかけて、じっくりと治療を続けることです。

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る