ノイローゼ

目次

  • ノイローゼとは
  • ノイローゼの種類と特徴・症状
  • 子ども・高齢者のノイローゼ
  • ノイローゼとうつ病の比較・違い
  • ノイローゼの診断とノイローゼの治療方法

 

いやおうなしにストレスを受ける現代社会において、ノイローゼにかかる人がじわじわと増えています。

 

原因をつきとめ、きちんと治療すれば、病気から抜け出すことができます。

 

 

ノイローゼの理解とサポート記事一覧

ノイローゼとは

人とのつき合いや社会とのかかわりがうまくいかない不適応状態がノイローゼです。不安と恐怖が精神面に出て、言動に変化が生じます。私たちはよく「受験ノイローゼ」「育児ノイローゼ」という言葉を耳にします。マスコミなどでは、統合失調症やうつ病などを含めた「広い意味での心の病気」という意味で使うこともあるようですが、本来ノイローゼとは、「神経症」というドイツ語で、疾患名のひとつです。人は外部からのストレス、つ...

ノイローゼの種類と特徴・症状

ノイローゼの患者は、しばしば自律神経症状を訴えます。動悸や頻脈、胸が締めつけられる感じ、息苦しさ、手足のしびれ感、脱力感、震え、めまい、嘔吐、吐き気、顔のほてりなどです。WHO(世界保健機関)によると、ノイローゼは「不安障害」「強迫性障害」「恐怖神経症」「ヒステリー神経症」「心気症」「抑うつ神経症」「離人症」「その他」の8種類に分けられています。不安障害(不安状態)受験をひかえた学生が「志望校に合...

子ども・高齢者のノイローゼ

子どものノイローゼ子どものノイローゼでは、不安やうつ状態、言葉の遅れ、頭痛、不眠、夜尿症、かんしゃく、粗暴などがみられます。一過性の症状が多く、人に当たりやすいので、家族や周囲を巻き込むのが特徴です。原因として、遺伝・先天的なもの、家庭環境などが考えられますが、なかでも親の育て方は大きな影響力を持っているといわれます。たとえば、両親が強迫観念や不安を抱きながら教育を施すと、子どもは両親の心の動揺を...

ノイローゼとうつ病の比較・違い

症状/病名ノイローゼうつ病顔つきさまざまな訴えをするが、元気がよい言葉は少なく、げんなりしている食欲・体重食欲がないという人もいるが、間食をしたりしていて、体重はあま り減少しない食欲がまったくなく、体重は1か月の間に10~15kgも減少する不眠不眠を訴える人も多い。不眠を訴える人は眠りに入るのも困難不眠は必ず起きる。すぐに目が覚めてしまうタイプの不眠が多い気分の日内変動1日のうちの変動はなく、い...

ノイローゼの診断とノイローゼの治療方法

ノイローゼの診断日本でのノイローゼの診断基準は、は以下のとおりです。A.「不安、恐怖、強迫、ヒステリー、心気、抑うつ、離人、その他」の症状のうち、少なくとも1つが認められる。B.症状のために相当期間(多くは1か月以上)にわたり、(1)自覚的に著しい苦痛を感じる。(2)同時に、あるいは社会的ないし職業的な活動に何らかの支障をきたしている。C.原則として、病気に対しての認識があり、現実検討能力は保たれ...

トップへ戻る