魚の栄養と効果効能

魚料理をバランスよく、さらにDHA(ドコサへキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)など必要な栄養を効果的に摂取するためには、次のような工夫が必要です。DHAやEPAは魚油に含まれているので、最も効果的な調理法は刺し身など生で食べ ...

魚の栄養と効果効能

飽和脂肪酸が主体の肉類などの脂肪をとりすぎると、血清コレステロールがたまりやすくなり、動脈硬化を促進させます。ところが、ドコサへキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)には次のような働きがあります。

スキンケア

肌荒れを予防する生活「ビタミン、質の高い睡眠、ストレス、便秘、ドライスキン(乾燥肌)、UV(紫外線)」についてまとめています。バランスを欠いた食事や睡眠不足、ストレスも肌荒れの原因になるので、注意が必要です。

スキンケア

肌は約28日間の周期で新しい肌に入れ替わります。健康的な美肌は、ターンオーバーとよばれるリズムがスムーズな状態をいい、安定した厚さとなめらかさがあるのが特徴です。肌の構造と働き、美肌を保つ新陳代謝(ターンオーバー)について。

野菜の栄養と効果効能

地中にまっすぐ伸びた根の肥大した部分を食用にする、代表的な根葉の一つです。根菜類のなかでも特に食物繊維が豊富で、新陳代謝を活発にする野菜として知られています。

野菜の栄養と効果効能

早春から初夏が旬の春玉と、晩秋から初春に収穫する寒玉があります。淡色野菜なので、β-カロチンの含有量は少ないのですが、潰瘍の抑制効果をもつビタミンUを含みます。

野菜の栄養と効果効能

生産の主流は西洋カボチャで、日本カボチャより栄養価が高く、豊富なビタミン類を含みます。旬は夏ですが、端境期(収穫期と収穫期の間にできる、境目)にはニュージーランドやメキシコ産が出回り、年間を通して有効なビタミン補給源となっています。

赤ワインの効果効能

ぶどうの果皮や種子には、植物が光合成によって生成したポリフェノールが多く含まれています。白ワインはぶどうの果汁だけを発酵させてつくるのに対し、赤ワインは果皮、果肉、種、果汁をともに発酵させてつくります。そのため、赤ワインは白ワインに比 ...

赤ワインの効果効能

どれくらいの量を飲めばポリフェノールの効力は十分に発揮されるのでしょうか?また、同じ赤ワインでも産地や、熟成期間よってポリフェノールの含有量や、抗酸化作用も変わってきます。

赤ワインの効果効能

赤ワインに多く含まれるポリフェノールには、LDLコレステロールの酸化を抑制する働きがあり、動脈に直接作用して拡張し、血流をよくしたり、血栓を溶解する作用も確認されています。ポリフェノールには高脂血症の改善効果もあることが明らかにされて ...