パニック障害

目次

  • パニック障害とは
  • パニック発作と広場恐怖
  • パニック障害の原因
  • パニック障害の治療 薬物療法と心理療法で治療
  • パニック障害の診断と間違われやすい病気
  • パニック障害の克服体験談

 

パニック障害になると、急性の不安発作が起こることを心配するあまり、外出できなくなります。早期のうちに精神科での受診が必要です。

 

パニック障害は、適切に治療すれば予後は非常に良好です。症状に似た病気が多く、誤診もあり得るので、病的な不安が強いなど気になる症状がある場合は専門医を受診することが勧められます。

 

 

パニック障害:関連カテゴリー

過換気症候群 不安障害 強迫性障害 あがり症

パニック障害の理解とサポート記事一覧

パニック障害とは

パニック障害は恐慌性障害ともよばれ、パニック発作とこれがもとで起こる病的な不安や恐怖を基調とする病気です。突然起こる自律神経の過剰な興奮によって、めまいや吐き気などの身体症状が現れ、死の不安と恐怖におそわれます。発作がまた起きるかもしれないという予期不安が形成されると、一人で家から外に出るのが難しくなる広場恐怖を伴うことが多いようです。気力が低下し、それまでは毎日行ってきた仕事や家事にも支障をきた...

パニック発作の頻度や、パニック障害に伴う広場恐怖

パニック発作パニック発作は、自律神経が過剰に興奮したために起こる急性の不安発作です。自律神経が制御している呼吸器系、循環器系、消化器系、筋肉系、皮膚系に激しい症状が現れます。例えば動悸や息切れ、窒息感、めまい感、吐き気、手足のこわばりやけいれん、皮膚の冷えや熱感などの身体症状が起こります。身体症状と同時に、死んでしまうかもしれない、自分自身をコントロールできないという強い不安や恐怖におそわれます。...

パニック障害の原因 パニック発作を誘発する物質について

パニック障害の原因はまだ完全には解明されていません。心理的、環境的に発作を起こすような要因がなくてもパニック発作が出るところから、交感神経の亢進を伴った過剰な自律神経反応などの神経のメカニズムに何らかの異常が起こると考えられています。このことは、パニック障害の患者が、いくつかのパニック発作誘発物質により、似た症状を起こすことからも推測されています。神経のメカニズムを乱す要因としては、生理活性物質カ...

パニック障害の治療 薬物療法と心理療法で治療

パニック障害の治療は、薬物療法と心理療法が中心になります。薬がうまく合えば、パニック発作も広場恐怖も劇的に改善しますし、パニック発作の予防も可能です。また患者のおかれた環境との調整も必要であり、家族のための家族療法、集団精神療法なども行われます。パニック障害の薬物療法パニック発作に対しては抗うつ薬、抗不安薬などが用いられます。抗うつ薬はパニック発作の治療に有効です。予期不安に直接効くものではありま...

パニック障害の診断と間違われやすい病気

さまざまな身体症状があるので、まず身体疾患の有無を調べます。パニック発作が心臓、甲状腺や副甲状腺、副腎などの疾患、または薬物中毒などと関連していないかを診断していきます。また、パニック発作と類似の精神症状を示すものとして、うつ病や統合失調症、詐病、虚偽性障害、心気症、離人症性障害、社会恐怖や特定の恐怖症、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などがあります。こうした病気との鑑別も必要です。パニック障害...

パニック障害の克服体験談

私には、自営業の夫と小学生の子どもが2人います。ある晩に、自宅でくつろいでいるときに突然、動悸、息切れ、めまいを感じました。突然のことに、同時に「死ぬかもしれない」と思われるほどの激しい不安におそわれました。そばにいた夫が驚いて救急車をよび、救急外来に運ばれましたが、病院での診察、検査の結果は何の異常もみつかりませんでした。発作から20分たったころには、動悸、息切れ、めまいなどの症状も治まっていま...

トップへ戻る