繰り返す不安発作で外出不能に パニック障害の克服体験談

パニック障害の克服体験談

 

 

私には、自営業の夫と小学生の子どもが2人います。

 

ある晩に、自宅でくつろいでいるときに突然、動悸、息切れ、めまいを感じました。

 

突然のことに、同時に「死ぬかもしれない」と思われるほどの激しい不安におそわれました。

 

そばにいた夫が驚いて救急車をよび、救急外来に運ばれましたが、病院での診察、検査の結果は何の異常もみつかりませんでした。

 

発作から20分たったころには、動悸、息切れ、めまいなどの症状も治まっていました。

 

 

しかし、それ以来同じような発作がしばしば起こり、不安で買い物にも出られなくなってしまいました。

 

いくつか病院にも行ってみましたが、心臓神経症と診断され、「いわば気の病だから、安定剤を飲めば落ち着く」と精神安定薬を処方されました。

 

薬を先生の指示どおりに飲み続けたものの、なかなか症状は改善しませんでした。

 

 

親族に、精神科に行くことを勧められて受診したところ、パニック障害と診断されました。

 

抗うつ薬と抗不安薬が出され、1か月ほど服用したところ、発作は次第に消失しました。

 

最近では近所の買い物には一人でも出かけられるようにまで改善し、今では症状も半年以上でてなく、パニック障害を克服できたと思います。

 

 

女性(35歳)

 

パニック障害の治療薬|通販







 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

パニック障害とは?
パニック障害は恐慌性障害ともよばれ、パニック発作とこれがもとで起こる病的な不安や恐怖を基調とする病気です。
パニック発作の頻度や、パニック障害に伴う広場恐怖
パニック発作は、自律神経が過剰に興奮したために起こる急性の不安発作です。自律神経が制御している呼吸器系、循環器系、消化器系、筋肉系、皮膚系に激しい症状が現れます。
パニック障害の原因 パニック発作を誘発する物質について
パニック障害の原因はまだ完全には解明されていません。
パニック障害の治療 薬物療法と心理療法で治療
治療は、薬物療法と心理療法が中心になります。薬がうまく合えば、パニック発作も広場恐怖も劇的に改善しますし、パニック発作の予防も可能です。
パニック障害の診断と間違われやすい病気
さまざまな身体症状があるので、まず身体疾患の有無を調べます。パニック発作が心臓、甲状腺や副甲状腺、副腎などの疾患、または薬物中毒などと関連していないかを診断していきます。

このページの先頭へ戻る