マタニティブルーの治療

マタニティブルーの治療

マタニティブルーの治療

 

 

 

マタニティブルーの治療 - 軽度なら夫や家族のサポートで軽減

 

軽い抑うつ状態であれば、原則として薬を服用する必要はありません。

 

夫や家族、友人がその母親と赤ちゃんを助けながら支え、安心させることが大切です。

 

出産後、退院してからしばらくは、母親と赤ちゃんがともにゆっくりと寝起きできるような環境をつくり、父親や周囲の人たちがふたりをサポートできる態勢を整えましょう。

 

 

子どもが夜泣きをしたとき、「うるさい、なんとかならないのか」などとどなることは、母親の不安感をあおり、抑うつ状態を重くするだけで、かえって逆効果です。

 

父親も子どもを母親任せにせず、親としての自覚をもち、育児や家事の分担をする必要があります。

 

母親自身も、心身の異常や母乳の出方、赤ちゃんの世話についての不安やストレスを感じたら、産婦人科の医師や助産婦に相談することが大切です。

 

重症の場合は早期治療を

 

病院で産後うつ病などの疾患であるという診断を受けた場合は、何よりも早期治療が必要となります。精神療法のほかに薬物治療も取り入れます。

 

この場合、母乳に抗うつ薬の成分が入り込む心配があるので、母乳を粉ミルクに変えます。

 

 

どうしても母乳で育てたいという場合でも、何よりもうつ病対策を最優先に考えましょう。それが母親にも赤ちゃんにもよい結果をもたらします。

 

スポンサーリンク


 

夫の協力と周囲の理解が大切

 

妊娠や出産、育児という一連の作業は母親にたいへんなストレスをもたらします。

 

一般的にうつ病の要因として「何かを失ったような感覚を味わう喪失体験」や「環境の変化」が大切なキーワードだといわれています。

 

 

出産後の場合は、家庭に赤ちゃんという新しいメンバーが加わるという、一見、喪失体験とは反対の出来事が起こります。

 

これは一方で、夫に対する妻という役割の一部を母親という新しい役割に置き換えることをも意味します。

 

妻100%から50%と、半分はその役割を失うことになるのかもしれません。

 

 

母親は想像以上に事のかかる赤ちゃんに日がな一日拘束され、それまでの自由が失われがちです。

 

これが環境の変化でもあり、うつ病が発症しやすい条件でもあります。

 

スポンサーリンク


 

 

男性の場合は、昇進や異動などで周囲 のメンバーが変わったり、役割が増えたりするときに環境の変化がうつ病の引き金になることが多いようです。

 

女性の妊娠・出産も心理的にはこれと似ていると考える心理学者もいます。

 

男性にとって、妊娠・出産は女性のもの、という固定観念がありますが、夫婦が協力して、子どもを育てていくわけですから、心身ともに不安定な時期に、夫のサポートは欠かせません。

 

 

マタニティブルーを乗り切るには、夫の温かい協力がなにより大切です。

 

育児の分担をしてもらい、悩みを聞いてもらうことが精神的な安定を取りもどす助けになります。

 

 

マタニティブルーは出産した女性に多かれ少なかれ現れるものです。

 

母親になったことによる不安やおそれは、新しい生命に対して抱く愛情の裏返しであり、新しい家族環境や役割に慣れるまでの助走期間ともいえます。

 

 

夫をはじめとする周囲の協力と母親の気のもちようで、しだいに快方に向かうことが多いものです。

 

リラックスして前向きな考えをもっていれば、自分を取りもどせます。

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る