マタニティブルーとは

マタニティブルーとは
(※画像はイメージです。)

 

 

産後2~3日するとイライラがつのる

 

子どもをおなかに宿した女性は、約40週の妊娠期間を経て、出産という大切な作業を成し遂げます。

 

こうして妊婦から「母親」へと役割が変わった多くの女性は、無事出産を終えたことに安堵感や充実感を抱き、自分のからだの中ではぐくんできた赤ちゃんをはじめて目にして、喜んだり感動したりします。

 

 

ところが2~3日過ぎると、突然、それまで抱いていた前向きな考え方が一転して、不安やイライラ、おそれといった抑うつ的な感情をもち始めることがあります。

 

アメリカのピット医師はこの抑うつ的状態を「マタニティブルー」と名づけています。

 

スポンサーリンク


 

マタニティブルーは初産の女性に多い状態

 

マタニティブルーは、出産後の女性の10~50%に現れるといわれています。

 

 

出産ごとにマタニティブルーに悩まされている女性も少なくありませんが、やはり初産時に現れるケースが多いようです。

 

期間も1週間程度でおさまってしまう場合から、数か月以上続くケースまでかなり個人差がみられます。

 

 

マタニティブルーの定義は、「産後の母親の多くにみられる特有の抑うつ状態」とされており、うつ病という疾患とは異なるもの、というのが医師の見方です。

 

ただし、夫や両親など周囲の人の無理解や協力不足に加えて、本人も几帳面で神経質、思い込みが強い、子どもっぼくて他人に依存しやすい、といった傾向が強まると、マタニティブルーから本格的なうつ病に移行することもあるといわれています。

 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

マタニティブルーの子どもへの影響
赤ちゃんに十分な愛情を注げないと、赤ちゃんは母親の心情を察知します。このため、夜泣きや吐乳が激しくなったりします。
マタニティブルーの原因
マタニティブルーの原因は、ホルモンの激変とストレスが主な要因です。女性にとって、産後の回復期は精神障害が起こりやすい時期のひとつです。
マタニティブルーの症状
産前のマタニティブルーにみられる主な症状・感情には、以下のようなものがあります。複雑に入り乱れていることが多く、母親となった女性は不安の原因がよくわからないため、よけいに焦ったり、不安を募らせたりします。
マタニティブルーの治療
軽い抑うつ状態であれば、原則として薬を服用する必要はありません。重症の場合は早期治療をすることが、母親にも赤ちゃんにもよい結果をもたらします。

このページの先頭へ戻る