マタニティブルーの子どもへの影響

マタニティブルーの子どもへの影響

マタニティブルーの子どもへの影響

 

 

母親のストレスが新生児に伝わります。

 

妊娠中、母親に多くのストレスがかかると、母体を通して胎児に影響を及ぼします。

 

 

これと同じように、この世に誕生した後も、母親の育児ストレスが新生児に多大な影響を与えるといわれています。

 

乳児期に母親が抑うつ状態になったり、うつ病を患ったために、赤ちゃんに十分な愛情を注げないと、赤ちゃんは母親の心情を察知します。

 

このため、夜泣きや吐乳が激しくなったりします。

 

 

また、「トラウマ(心理的外傷経験)」として記憶のどこかに残り、成長してからも精神的なバランスを崩す原因になることもあります。

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る