好かれる人と嫌われる人の違い!? より良い人間関係を築くために!

好かれる人と嫌われる人の違い!? より良い人間関係を築くために!

好かれる人と嫌われる人の違い!? より良い人間関係を築くために!

 

 

どんな人を好きになり、どのような人に嫌悪感をもつのかは人によって異なります。ところが、多くの人から好かれる人がいたり、逆に周囲から嫌われる人がいるのも事実です。

 

人間関係において、どれだけ相手を大切にしているのかという点が、対人感情が好悪のどちらに傾くかの大きなポイントになるといえます。

 

 

一般に、思いやりがある、やさしい、寛容、明朗といった性格の人は好かれるものです。

 

つまり、相手の意見や価値観、態度などを尊重して、それらを受け入れられる人、相手の気持ちをくんだ行動や心配りができる人が好かれやすいといえるでしょう。

 

 

一方、うそをつく、ずるい、意地悪、卑劣といった性格は嫌われがちです。

 

人の失敗や欠点をついてばかりいたり、相手の行動のじゃまをする、相手の幸福をねたんで悪口を言うなど、相手の気持ちを不快にさせる人は嫌われやすいといえます。

 

スポンサーリンク


 

 

人間関係では、しばしば相性も問題にされます。「考え方などが似ているから相性がよい」および「正反対だから相性がよい」という二つのケースがあります。

 

趣味や興味の対象が似ていたり、考え方が似ている場合はお互いに共感しやすいものです。しかしその半面、自分自身の嫌な面を相手を通して見せられているようで不快になることもあります。

 

 

一方、性格が正反対の場合には、お互いにない部分を補い合うケースがみられます。

 

例えば、物事を悲観的にばかりとらえる人は、楽観的な見方をする人に影響されて前向きな考え方ができるようになり、逆に楽観的な人は、慎重さを学べるといったケースです。

 

 

しかし、自分とはまったく違う面に対して反発を感じることも少なくありません。互いに似ているケースも正反対のケースも一長一短があり、どちらのほうが相性がよいのか、一概にはいえません。

 

相手との相性には性格以外にも、育ってきた環境や文化的な背景といったさまざまな要因がかかわっているのです。

 

スポンサーリンク


 

 

よりよい人間関係を築くために

 

よりよい人間関係を築くために

 

ものの見方や感じ方をはじめ、性格や容姿、能力、態度、価値観などは、人によってまったく異なります。

 

私たちは、とかく価値観や考え方を異にする人を敬遠しがちです。また、一度相手に否定的なレッテルを貼ってしまうと、なかなかそれをはがすことができないものです。

 

 

しかし、実生活のなかでは、好意を感じたり、気の合う相手とだけつき合うというわけにはいきません。むしろ、嫌いだと思う相手と顔を合わせなくてはならないことのほうが多いものです。

 

よりよい人間関係を築いていくためには、好き嫌いはあるにせよ、人間の多様性を認めることも必要です。

 

自分の価値観や考え方に合わないものはすべて拒否するといった態度は、人間関係の幅を狭めてしまいます。自分にとってネガティブな意味をもつことでも、しっかり受け止めていこうする柔軟な心が大切です。

 

スポンサーリンク


 

 

また、単に好意を抱いているだけでは、深い人間関係を築いていくことはできません。最初は声をかけ、挨拶するだけでもよいでしょう。とにかく相手に対して積極的に働きかけていきます。

 

相手の言葉にも謙虚に耳を傾けることによって、お互いの信頼感を深めていくようにしたいものです。

 

 

自分の気持ちや感情をあまり表に出さない人もいますが、自分の心を相手に開かなければ、人間関係はそれ以上に進展していきません。相手に対して素直に、率直に自分自身を表現していくことが大切です。

 

 

ただし、相手の存在や気持ちを無視して、ただ自分の主張を押し通そうとするだけでは、コミュニケーションは一方通行になってしまいます。

 

人間関係は、お互いが理解や共感をし合うことによって、はじめてなりたつものです。

 

自分の考えを主張する以上に、相手からの情報や意見などに謙虚に耳を傾け、相手の感情も尊重して、相互の信頼関係を深めていきたいものです。

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る