仕草で分かる好き嫌いのサイン

仕草で分かる好き嫌いのサイン

仕草で分かる好き嫌いのサイン

仕草で分かる好き嫌いのサイン

 

 

好き嫌いの感情は、会話中の視線の動きやちょっとした仕草に無意識のうちに表れることがあります。好き嫌いのサインを見逃さないようにしましょう。

 


 

■視線

会話中に視線がよく合ったり、相手が自分の目を頻繁に見ているときは、好意のサインと考えられます。

 

反対に、相手に対し嫌悪感をもっていると視線を合わせないようにする傾向が強いようです。早く話を終わらせたい時や、嘘をついているときも、視線を合わせなくなるものです。

 

■座り方

椅子に浅く腰かけている場合は、相手に対する警戒心や緊張が表れているといえます。話を切り上げたいときや相手に嫌悪感をもっているときも、浅い座り方になる傾向がみられます。

 

深くゆったりと腰かけている場合は、相手に気を許している証拠です。

 

■足の動き

男性が右側、女性が左側に並んで座っている場合、男性が右足、女性が左足を上にして足を組んでいるのは相性のよい証拠とされています。

 

つま先で床をコツコツとたたいたり、貧乏ゆすりをするときは、相手へのいら立ちや拒否を表しています。

 

■手の動き

腕組みは、自分のテリトリーに相手をそれ以上踏み込ませないようにするサインです。ただし、笑顔やうなずきを伴う腕組みは、相手の話に興味をもっている証拠とされます。

 

また、後ろに手を回すしぐさは、相手の接近を拒否する心理の表れであることが多いようです。ポケットに手を入れるのは、不信感や警戒心を示しています。

 

■ほおづえをつく

話の内容がつまらないと感じていたり、自分にも話したいことがあるのに、話せないことを不満に思っているケースが多いようです。

 

■髪の毛をいじる

女性が髪の毛をいじるのは、相手に好意を抱いていて、もっと親しくなりたいというサインとされています。

 

■相手のからだに触れる

話しながら手や膝、肩などに触れるのは好意のサインといわれています。

 

 

 

好き嫌いの感情から始まった人間関係を、より深いものに発展させていくためには、相手の気持ちや価値観を尊重することが必要です。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る