心身症とは

心身症とは
(※画像はイメージです。)

 

 

心身症は心の問題を原因として、身体に症状が現れる病気です。

 

眼精疲労や腰痛、十二指腸潰瘍といった身体病は、心の問題で発症することもあるのです。

 

 

心身症は「病は気から」の代表的な病気です。

 

例えば、パソコンに自信のないビジネスマンが強度の眼精疲労に陥る、ポスト維持が不安で重役が椅子にかけられないほどの腰痛に苦しむ、デザイナーが初めてのイベント企画で慢性の十二指腸潰瘍が悪化する、といったようなケースです。

 

 

外見的に出ている障害は明らかに身体病の症状ですが、根本の心身症の原因は心理的ストレスです。

 

 

不安や緊張、恐怖や悲しみなど、同じ心理的ストレスが原因であっても、身体ではなく主として心に症状が出るものは、神経症(ノイローゼ)といいます。

 

 

1991年に出された日本心身医学会の診療指針では、「心身症とは身体疾患のなかで、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。

 

ただし神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除外する」と定義しています。

 

心身症という名称は単独の疾患ではなく、各器官における疾患のなかで、この定義にあてはまるものの総称ということになります。

 

代表的な心身症には、消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍)、過敏性腸症候群、気管支ぜんそく、本態性高血圧、メニエール症候群、片頭痛、円形脱毛症などがあります。

 

心身症は心理的要因が大きい病気であるだけに、診断や治療には、身体面および心理社会面の両面から把握して取り組む必要があります。

 

 

しかし、どんなに大きなストレスがあったとしても、すべての人が心身症になるわけではありません。

 

 

また、身体疾患が心理的ストレスに影響されることも少なくありません。

 

ストレスの影響を強く受けやすい人とそうでない人がおり、それを左右するのは、個人的な素因や性格的な要因によるところが大きいといわれています。

 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

心身症になりやすい三つの性格(パーソナリティー)
心身症という病気が知られるようになった1960~70年代当時は、かかりやすい性格として、几帳面、仕事熱心、我慢強い、精力的、責任感が強い、努力家などの特徴があげられていました。さらに、最近では心身症に陥りやすい性格として、強迫型、自己愛型、境界型の三つの性格傾向が注目されています。
心身症の原因の多くはストレス
現代社会のもたらすさまざまなストレスによって、身体のあらゆる器官に病気が起こることが明らかにされています。心身症の原因の多くもストレスと言われています。 心理的な要因でからだに異常を生じる心身症lこは、かかりやすい性格があるといわれます。治療には心理的アプローチが欠かせません。
代表的な心身症とまぎらわしい病気
代表的な心身症と、心身症と間違えやすいまぎらわしい病気の説明。心身症とまぎらわしい病気に、身体表現性障害があります。
主婦の心身症・子どもの心身症
主婦の心身症は多くの場合、家庭や子育てと仕事との板ばさみ、嫁姑の確執、夫婦間の不和といったストレスが大きな要因になっています。また、心身症は子どもにも起こります。幼少期はからだの発達が未分化なために、全身的な反応を呈するケースが多くみられます。
心身症の治療法と手順
心身症の治療では、薬物療法をベースとした身体的な治療とともに心理的な治療(心身医学療法)が行われます。通常用いられる治療法の多くは健康保険が適用されますので、費用の面でも安心です。

このページの先頭へ戻る