心身症とは? 心の問題を原因として、身体に症状が現れる病気

心身症とは? 心の問題を原因として、身体に症状が現れる病気

心身症とは

心身症とは

 

 

心身症は心の問題を原因として、身体に症状が現れる病気です。

 

眼精疲労や腰痛、十二指腸潰瘍といった身体病は、心の問題で発症することもあるのです。

 

 

心身症は「病は気から」の代表的な病気です。

 

例えば、パソコンに自信のないビジネスマンが強度の眼精疲労に陥る、ポスト維持が不安で重役が椅子にかけられないほどの腰痛に苦しむ、デザイナーが初めてのイベント企画で慢性の十二指腸潰瘍が悪化する、といったようなケースです。

 

 

外見的に出ている障害は明らかに身体病の症状ですが、根本の心身症の原因は心理的ストレスです。

 

 

不安や緊張、恐怖や悲しみなど、同じ心理的ストレスが原因であっても、身体ではなく主として心に症状が出るものは、神経症(ノイローゼ)といいます。

 


 

 

1991年に出された日本心身医学会の診療指針では、「心身症とは身体疾患のなかで、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。

 

ただし神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除外する」と定義しています。

 

心身症という名称は単独の疾患ではなく、各器官における疾患のなかで、この定義にあてはまるものの総称ということになります。

 

代表的な心身症には、消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍)、過敏性腸症候群、気管支ぜんそく、本態性高血圧、メニエール症候群、片頭痛、円形脱毛症などがあります。

 

心身症は心理的要因が大きい病気であるだけに、診断や治療には、身体面および心理社会面の両面から把握して取り組む必要があります。

 

 

しかし、どんなに大きなストレスがあったとしても、すべての人が心身症になるわけではありません。

 

 

また、身体疾患が心理的ストレスに影響されることも少なくありません。

 

ストレスの影響を強く受けやすい人とそうでない人がおり、それを左右するのは、個人的な素因や性格的な要因によるところが大きいといわれています。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る