思春期と境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害) 【思春期の正確の変化】

思春期と境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害) 【思春期の正確の変化】

思春期と境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害) 【思春期の正確の変化】

思春期と境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)

 

 

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は、人格障害のなかで、うつ病や不安障害などの精神疾患を伴ったり、自殺の危険や重い解離性障害がみられる複雑な病態をいいます。

 

 

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)が思春期の子どもたちの間に増加しており、社会問題となってきています。

 

 

思春期は、仲間や友人とのかかわりを通して他者の人格と自分を比較し、矛盾や不安のなかで苦しみながら、自己を確立する時期です。

 

それだけに、精神的には非常に不安定な時期といえ、思春期には性格の変化が見られることが多いといえるでしょう。

 

 

友人や仲間とのかかわりをもつことができないと、社会性が欠如し、環境の変化への適応ができず、絶望感にとらわれたり無気力に陥ったりしやすくなります。

 

 

また、一般的に望ましいとされている物事に対して反発し、孤立したり非行に走るケースもあります。

 

身体的成長やホルモン系の影響もあって、それまで何も問題のなかった「よい子」に突然、性格的変化がみられることがあります。

 

 

どんな子どもにとっても、思春期は大きな危機をはらんだ時期なのです。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る