反抗期

目次

  • 第一次反抗期と第二次反抗期
  • 反抗期のない子ども・若者たち
  • 時代とともに変わる反抗期と問題行動
  • しかられる子どものストレスと第一次反抗期

 

反抗期」は幼児期の「第一次反抗期」と思春期の「第二次反抗期」と2回訪れます。

 

一個の人間として、独立のための重要な成長過程です。

 

 

反抗期は二度訪れる。成長過程と乗り切るための対策記事一覧

第一次反抗期と第二次反抗期

目次第一次反抗期 第一次反抗期はすべてのはじまり第二次反抗期第二次反抗期は「子離れ」の時期反抗のプロセス第一次反抗期ボタンかけや食事など、自分でできないこともやりたがりますか?親が手を出すと、もとにもどして自分でやり直そうとしますか?大人に言われたことと全部逆のことをしたがりますか?口答えをしますか?第一次反抗期はすべてのはじまり第一次反抗期をどう過ごしたかは第二次反抗期の表れ方に影響します。たと...

反抗期のない子ども・若者たち

最近の若者たちの成長の過程をたどると、子どものころは「親に逆らわない、言うことを聞くよい子」だったと答える親が増えています。こうした若者たちは幼児期の第一次反抗期にも思春期の第二次反抗期にも、目立った反抗も争いもせず、親にも周囲の人にも優しく、人を傷つけないように本音を言わず、勉強以外には生きがいを見つけ出すすべもないまま成長したといえるかもしれません。近ごろは、目立った反抗期がみられなくなってい...

時代とともに変わる反抗期と問題行動

家庭内暴力や登校拒否など、子どもの問題行動がしばしば社会問題としても取り上げられています。最近では「いじめ」の問題もあります。これらは反抗期と時期を同じくして現れるので反抗期の一種として考えられがちですが、一般的な健全な成長過程にある「反抗」と、適切な心理的指導や治療が必要な問題行動いわゆる「非行」につながるものとでは、はっきり区別する必要があります。「反抗期だから」と見過ごしているうちに、取り返...

しかられる子どものストレスと第一次反抗期

しかられることと子どものストレス子どものしかり方は難しいものです。親の叱責が大きなストレスになり、情緒的な発達が阻害されて無表情になったり、何とか親にしかられないようにと親の顔色ばかりをうかがうようになったりします。かといって、子どもをしからないで育てることは難しく、よいことでもありません。要は、子どもが納得できないようなしかり方を何度も続けないことです。たとえば、幼児ができもしないのに自分で食事...

トップへ戻る