統合失調症の治療

統合失調症の治療と治療薬

統合失調症の治療と治療薬

 

 

統合失調症の治療は薬物療法が中心

 

統合失調症の治療には、症状の緩和や消失、現実検討能力の改善、社会適応力の向上を目的として、薬物療法を中心に、精神療法やリハビリテーション療法が行われます。

 

 

また、急性期の症状を急速にコントロールする方法として、電気けいれん療法(ECT)を用いることもあります。

 

これは、昏迷が重症化して身体的に危機的状態に陥ったときや、薬に反応しない慢性統合失調症にも有効とされています。

 

スポンサーリンク


 

統合失調症の薬物療法

 

統合失調症に対する薬物療法は、主に抗精神病薬を病状、経過に応じて用います。

 

抗精神病薬の代表的なものには、

 

第1世代(定型)抗精神病薬 【古い抗精神病薬】

フェノチアジン系のクロルプロマジン、ブチロフェノン系のハロペリドール、ベンザミド系のスルピリドなどがあります。

フェノチアジン系の薬は、脳神経のドーパミン受容体を遮断してしまうもので、ドーパミンの過剰放出が関与していると思われる統合失調症の症状のうち、特に興奮、不安、攻撃性などの症状に効果があります。

 

ブチロフェノン系は、幻覚、妄想、興奮状態、思考障害、自閉などに効果的で、ベンザミド系は、陰性症状に対して、抑制を除き、活性化する作用があります。

 

第2世代(非定型)抗精神病薬 【新しい抗精神病薬】

リスパダール、ロナセン、ルーラン、ジプレキサ、セロクエル、エビリファイなどがあります。

リスパダール(リスペリドン)

リスパダールは、中枢神経のドーパミン受容体を強力に遮断(ブロック)することで、統合失調症の「陽性症状」と呼ばれる幻覚や妄想を改善させます。またそれ以外にも、興奮,衝動性、易怒性などの精神の高ぶりを抑える作用にも優れます。

 

ロナセン(ブロナンセリン)

ロナセンは、中枢神経のドーパミン受容体を強力に遮断(ブロック)することで、統合失調症の「陽性症状」と呼ばれる幻覚や妄想を改善させます。

 

ルーラン(ペロスピロン)

ルーランは、セロトニン1A受容体を部分的に刺激する作用で、「不安・うつ症状」の軽減、「認知機能障害」に対して効果が認められています。

 

ジプレキサ(オランザピン)

セロトニン受容体とドーパミン受容体を主体として、いろいろな神経伝達物質の受容体に働きかけ、「不安・うつ症状」の軽減、再発を予防する効果があります。

 

セロクエル(クエチアピン)

脳内のドパミン2(D2)受容体を遮断することによって、ドーパミン神経系の機能亢進により起こる陽性症状をおさえます。また、セロトニン2(5-HT2)受容体を遮断することによって、ドーパミン神経系の働きがよくなり、陰性症状が改善します。

 

エビリファイ(アリピプラゾール)

脳内でドーパミンが過剰に放出されているときには阻害薬として抑制的に働き、逆にドーパミンが不足しているときには、ドーパミン作動薬として活性化する方向で作用します。さらに、セロトニンに対しても、同様に調整的に作用します。

 

これらの抗精神病薬は、急性期、慢性期、寛解期などの病状の経過および症状の程度に合わせて、薬物の種類や使用量が決定されます。

 

急性期の症状が治まって症状が安定しても、必要最小限の低用量を長期に用い維持療法を行います。

 

また、特に攻撃的である、不安が強いといった場合には、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬が併用されることもあります。

 

スポンサーリンク


 

統合失調症の治療薬

 

統合失調症の治療に用いられる薬は、神経遮断薬やメジャートランキライザーといわれる抗精神病薬です。

 

現在のところ統合失調症は、中枢ドーパミン系の過剰な活動によるとするドーパミン仮説が有力視されています。ドーパミンとは神経伝達物質です。

 

 

統合失調症患者の脳には、ドーパミンと、ドーパミン受容体が増加することが確認されています。

 

したがって抗精神病薬の多くは、ドーパミン受容体に働いて、ドーパミンの作用に拮抗するものと考えられています。

 

 

抗精神病薬で主に使われているのは、リスパダール、ロナセン、ルーラン、ジプレキサ、セロクエル、エビリファイなどです。

 

 

統合失調症に対しては、鎮静作用よりむしろ、思考や気分の障害に働きかける作用が大きく、幻覚、妄想、陽性症状を軽減させます。

 

いずれも急性期にはなくてはならない薬で、入院治療などの際には大量投与することがあります。

 

しかし、安定した患者の外来治療などでは、例えば寝る前に1回の服用などという程度で十分に効き目を発揮します。

 

統合失調症の治療薬|通販








 

スポンサーリンク


 

統合失調症の精神療法

 

一般に支持的精神療法が用いられます。

 

支持的精神療法は、患者に受容的に接し助言を与えて元気づけたり、模範を提示したり、現実を検討する力を深めていくものです。

 

 

また、音楽、絵画、陶芸などを用いる芸術療法を導入して、本来もっている創造性を刺激することで治療を進める場合があります。

 

絵画や陶芸など作品が残るものでは、作品から心理状態をうかがい知ることもでき、作品が心理検査として代用されることもあります。

 

しかし、統合失調症に対する精神療法の効果は限られたものといえます。

 

統合失調症のリハビリテーション療法

 

社会適応力を回復する目的で行います。病状が鎮静し、慢性期に入った患者にとっては特に重要な治療法です。

 

従来は病院内で主に作業療法とレクリエーション療法が行われてきましたが、病院内での活動には限界があります。

 

 

現在は作業訓練の場を実社会の中小企業などに求める外勤作業療法、外勤作業患者を集めた社会復帰病棟におけるナイトホスピタル、生活の場を病院外に移した共同住居でのナイトケア、退院に引き続いて実施されるデイホスピタル、専門施設でのデイケアなどが実施されています。

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る