登校拒否症(不登校)の症状、原因、克服法

目次

  • 登校拒否(不登校)とは
  • 登校拒否(不登校)の症状の始まりと経過
  • 登校拒否(不登校)はさまざまな原因がからみ合う
  • 登校拒否(不登校)の克服法・解決法・治療法を探る
  • 登校拒否(不登校)のタイプ別分類
  • 登校拒否(不登校)の克服・体験談

 

学校に行こうと思っても行けない状態をいいます。一人ひとり状況は違うので、それぞれの問題に対応していくことを心がけます。

 

登校拒否の子どもの数は急激に増加してきました。現在、登校拒否はどの子にも起こりうる問題としてクローズアップされています。

 

 

登校拒否症(不登校):関連カテゴリー

引きこもり 子どものメンタルヘルス 反抗期

登校拒否症(不登校) 学校に行きたくないと思ったら・・・記事一覧

登校拒否(不登校)とは

(※画像はイメージです。)登校拒否(不登校)とは、「十分な能力をもっているにもかかわらず、自分でもはっきりとわからないような不安や葛藤のために、学校に行こうと思っても登校できない状態」をいいます。ですから、身体的あるいは精神的疾患のためや、経済的理由で学校に行けないケースは登校拒否には入りません。ただし、広い意味で登校拒否をとらえ、怠けて学校に行くのを拒むもの、学校に価値を見いだせず意図的に拒否す...

登校拒否の症状の始まりと経過

目次登校拒否(不登校)の症状の始まりと経過 学校に行けない状態(身体症状)が続く 登校拒否(不登校)の症状と似た疾患 登校拒否(不登校)の原因となる起立性調節障害の症状登校拒否(不登校)の症状の始まりと経過一般的な登校拒否の初期症状は、からだの異常の訴えが多いようです。朝方の頭痛、腹痛、手足の痛み、吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振、発熱、めまい、肩こり、疲労感などの症状が出て登校できず、小児科か内科の...

登校拒否の原因はさまざまな原因がからみ合う

目次登校拒否(不登校)はさまざまな原因がからみ合う 登校拒否の環境的要因 登校拒否の性格的要因 登校拒否の身体的要因 登校拒否の社会的要因体内リズムの乱れと登校拒否登校拒否(不登校)はさまざまな原因がからみ合う登校拒否の原因はこれだと決めつけるのでなく、ひとりひとりの子どもは、みんな違う状況によって登校拒否を起こしているのだという視点が必要です。現状では、子どもの性格傾向や家庭の育て方を原因とする...

登校拒否(不登校)の克服法・解決法・治療法を探る

目次登校拒否(不登校)の克服法・解決法・治療法を探る登校拒否(不登校)の治療学校に通わなくても進学はできる登校拒否(不登校)の克服法・解決法・治療法を探る登校拒否への対応には早期発見、早期解決が必要になります。なぜなら初期は身体症状の訴えが中心なので、対応が比較的簡単にすむことが多いからです。初期のうちで問題が複雑化する前であれば「なぜ学校に行かなくなったか」という根本的な問題の本質を把握しやすい...

登校拒否(不登校)のタイプ別分類

タイプタイプの説明学校生活に起因いやがらせをする生徒の存在や教師との人間関係など、明らかにそれと理解できる学校生活上の原因から登校せず、その原因を除去することが指導の中心となると考えられる。遊び・非行遊ぶためや、非行グループに入ったりして、登校しない。無気力無気力でなんとなく登校しない。登校しないことへの罪悪感が少なく、迎えに行ったり強く催促すると登校するが、長続きしない。不安など情緒的混乱登校の...

不登校や学校嫌いの原因は起立性調節障害かも!?

目次不登校の原因となる起立性調節障害 起立性調節障害とは? 起立性調節障害の原因 起立性調節障害の症状 起立性調節障害の診断 起立性調節障害の治療「L-テアニン」が治療効果を発表不登校の原因となる起立性調節障害起立性調節障害の子どもは、午前中に体調が悪いため、授業がよく理解できなかったりします。そのために学校が嫌いになったり、不登校のきっかけになることがあります。起立性調節障害の症状には、夜は元気...

不登校の克服・体験談 高校1年生の2学期から不登校

高校1年生の2学期から、朝起きると頭痛がするようになっては学校を休むことが多くなりました。心配した母は、病院で検査を受けさせましたが、からだには異常はみつかりませんでした。3学期に入ると、「登校しなさい」と口うるさく言う母をよそに、まったく学校に行かなくなってしまいました。私は一人娘で、とても大事に育てられてきました。母は特に教育熱心で、何をするにも必ずそばで世話を焼いていました。私は反抗したり、...

不登校の克服・体験談 フリースクールから大検を経て

中学2年生の秋から学校に行かなくなりました。体調を崩して学校を休んだりしているうちに、集団生活についていけなくなってしまったのです。家にいると、とにかく学校に行きなさいという両親の強いプレッシャーがありましたが、部屋を暗くして閉じこもり、朝寝て夜は起きているという昼夜逆転の生活を送っていました。学校へはほとんど行きませんでしたが、中学はあっさり卒業させてくれました。私が何かしようと思い始めたのは、...

トップへ戻る