登校拒否(不登校)の始まりと経過|初期症状は身体の異常の訴え(朝方の腹痛など)が多い

登校拒否(不登校)の始まりと経過|初期症状は身体の異常の訴え(朝方の腹痛など)が多い

登校拒否(不登校)の始まりと経過|初期症状は身体の異常の訴え(朝方の腹痛など)が多い

登校拒否(不登校)の始まりと経過 【初期症状は腹痛など、からだの異常の訴えが多い】

 

 

登校拒否(不登校)の症状の始まりと経過

 

一般的な登校拒否の初期症状は、からだの異常の訴えが多いようです。

 

朝方の頭痛、腹痛、手足の痛み、吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振、発熱、めまい、肩こり、疲労感などの症状が出て登校できず、小児科か内科の医師のもとを訪れます。

 

 

ところが、医師の診断でも特に原因となる疾患は見つからず、昼ごろになるとこれらの症状はなくなります。

 

休日には症状はあまりみられません。

 


 

学校に行けない状態(身体症状)が続く

 

夜には教科書をそろえるなどして、登校の意思を示すのですが、朝になると身体症状を訴えて学校を休むという同じことが繰り返され、いずれは不登校になります。

 

学校に行けない状態が続くと、子どもは学校に行けないことに不安を感じるようになります。

 

一方、はじめは体調を心配していた親も、しだいに「仮病ではないか」と疑うようになり、登校を強制するようになります。

 

 

子どもは不安をかきたてられる「登校」という言葉に激しく反発し、反抗的になります。

 

ときには親に暴力をふるったり、家の物を壊すというような家庭内暴力を起こすこともあります。

 

また、不安を解消するために、両親に対してわがままにふるまうこともあります。

 

 

さらに人や社会との隔絶が進んでいくと、無口、無気力になり、他人との接触を嫌い、部屋に閉じこもり引きこもりがちになります。

 

昼間に眠り、夜に活動するという昼夜逆転の生活を送る子どもも出てきます。

 

朝が辛くて不登校のお子様に【キリツテイン】
キリツテイン

 

 

登校拒否(不登校)の症状と似た疾患

 

登校拒否症状を示していて、周囲にもそう思われている子どもが、実は身体疾患のために学校に行けないという場合があり、注意が必要です。

 

学童期にもっとも多い「起立性調節障害」は、自律神経失調症の一種で、特徴的な症状は、立ちくらみやめまい、気持ちが悪くなる、息切れや動悸、朝なかなか起きられないなどです。

 

自律神経調整剤や精神安定剤の服用、乾布摩擦や冷水摩擦などによる自律神経の鍛練で、症状を改善することができます。

 

 

また、心身症のひとつで登校中や授業中に腹痛を訴え、トイレに駆け込むことが多くなる「過敏性腸症候群」も、登校拒否へと発展する可能性のある疾患ですが、治療を受ければ症状を抑えられます。

 

登校拒否が一般的になるにつれて、最近では肝炎や糖尿病などの明らかな身体疾患が登校拒否と誤解され、かえって子どものストレスとなっている例も見受けられます。

 


 

登校拒否(不登校)の原因となる起立性調節障害の症状

 

起立性調節障害の子どもは、午前中に体調が悪いため、授業がよく理解できなかったりします。

 

そのために学校が嫌いになったり、不登校のきっかけになることがあります。

 

不登校や学校嫌いの原因は起立性調節障害かも!?

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る