朝起きられない起立性調節障害に効くサプリ!?L-テアニンを220mg高配合

朝起きられない起立性調節障害に効くサプリ!?L-テアニンを220mg高配合

起立性調節障害に効くサプリ

 

 

起立性調節障害の治療に効果があると、医学雑誌にも掲載され、近年注目されている成分が「L-テアニン」という成分です。

 

L-テアニンとはアミノ酸の一種で、精神をリラックスさせる作用があります。朝起きられないという子どもの起立性調節障害に対しての効果も発表されています。

 

起立性調節障害に対しての「L-テアニン」の効果

 

日本生理人類学会誌という医学雑誌にて、L-テアニンを200mg摂取すると、すっきり爽やかな朝をサポートしてくれることが証明されています。

 

L-テアニンは食品から摂取することができ、また、L-テアニンを配合しているサプリメントや健康食品も市販されています。

 

L-テアニンを220mg高配合されたサプリメントがキリツテイン

 

 

L-テアニンを多く含む食品としてお茶があり、緑茶や紅茶、烏龍茶などの茶葉から抽出される全てのお茶にL-テアニンが豊富に含まれています。

 

食品から摂取するには、お茶以外の食品にはL-テアニンは含まれていませんので、お茶を飲むしか方法がありません。

 

 

緑茶(100g)には0.6g~2gのL-テアニンが含有しており、高級茶(玉露、抹茶、かぶせ茶)などは煎茶の約2倍から4倍のL-テアニンが含有されています。

 

L-テアニンを豊富に摂取したい場合には、高級茶を選ぶようにします。

 

また、L-テアニンはお湯に溶けやすい性質があるため、一番茶が最も含有量が多いです。

 

 

ただし、お茶にはカフェインが含まれているので、大量に摂取すると夜に眠れなくなる場合があるので、起立性調節障害の治療には不向きです。

 

カフェインの摂取を控えるには、お茶ではなく、テアニンを含んでいるサプリメントの摂取をおすすめします。

 

 

そんなL-テアニンを220mg高配合されたサプリメントがキリツテインです。キリツテインを1日4粒摂取すると、約20杯の煎茶を飲むのと同量のテアニンを摂取することが可能です。

 

起立性調節障害にはカフェインの心配がないサプリメントでの摂取をおすすめします。また、副作用もないので、安心して摂取することができます。

キリツテイン 詳細

 

 

キリツテインの口コミや評価

 

 

★★★★★

東京都 S様【48歳/女性/主婦】
「娘の変化に驚愕です」

 

医師に起立性調節障害と診断された一番下の中学生の娘に飲ませています。朝が苦手で出席もあまりできずでしたが、2ヶ月経った今では少しずつ克服できています。以前は夜に勉強をすることが多かったのですが、今は朝早く起きてたまに勉強してる姿も見られてとても嬉しいです。


 

 

★★★★★

千葉県 A様【39歳/女性/主婦】
「娘が学校にちゃんと通えるようになりました!」

 

娘が朝全く起きられず、フラついたりして、学校にいけない状態でした。騙されたと思って試しに買ってみたんですが、飲み始めてから2週間くらいで、朝自分で起きてくるようになりました。今では普通に学校に行けています。本当に感謝です(*^^*)


 

 

★★★★

神奈川県 T様【43歳/女性/主婦】
「娘が学校に遅刻することが無くなりました!」

 

娘が朝が本当に弱くて、遅刻したり、午後から登校することが多かったのですが、キリツテイン飲み始めてからは、遅刻することもなくなりました。


 

 

★★★★

北海道 K様【43歳/女性/主婦】
「不登校がなくなって本当に良かったです!」

 

高校生の娘が、朝が辛そうで午前中は全くダメで、学校も不登校のような状態でした。原因が分からず悩んでいたのですが、キリツテインを飲み始めてからは、少しずつ良くなって、今では学校にちゃんと行けています。


 

 

★★★★

福岡県 I様【48歳/女性/主婦】
「もう少し様子見かな?」

 

高校生の息子がキリツテインを飲み始めて1ヶ月程です。起立性調節障害を患っていまして、効くのかな?って思っていましたが、私が朝起こしてあげる回数も徐々にですが減ってきています。前に比べると今はちゃんと朝ご飯を食べてくれているので、私も朝早く起きるのが苦ではなくなりました。


 

 

★★★

神奈川県 K様【44歳/女性/主婦】★★★☆☆
「息子が朝ちゃんと登校できるようになりました!」

 

叩き起こしても、全く起きることができずに、学校に遅刻したりすることが頻繁にあった中学生の息子なのですが、キリツテインを飲み始めてから、少しずつ朝起きられるようになりました。これからも飲み続ければ、普通の生活が送れるのではないかと期待しています。


 

 

朝起きられない起立性調節障害

 

起立性調節障害の子どもは、午前中に体調が悪いため、授業がよく理解できなかったりします。

 

そのために学校が嫌いになったり、不登校のきっかけになることがあります。

 

起立性調節障害の症状には、夜は元気だったのに、朝になって目が覚めたときに気分が悪くなったり、頭やおなかが痛くなったり、悪寒がして、なかなか朝起きられないなどの症状があります。

 

こうした状態は午前中いっぱいずっと続くことが多く、学校へ行っても午前中に体調がすぐれません。

 

このため保健室で休んだり授業に集中できずに成績が下がる。学校を休みがちになり、その結果、それが不登校の原因となることもあります。

 

中学受験の準備期に重なると、成績や将来に対する心理的葛藤が生まれ、心身症に移行する例もしばしばみられます。

 

大切なことは、病気の原因をよく理解して、子どもに症状を克服しようとする気持ちをもたせ、家族が協力して改善を図っていくことです。

 

 

起立性調節障害とは?

 

突然立ちくらみやめまいなどが起きる

 

起立性調節障害は、成長期の子どもに多く起こる病気の一つで、血液の循環を調節する自律神経の失調による低血圧が原因です。

 

低血圧体質の子どもは、立ち上がったときに脳の血流量が少なくなり、脳貧血状態になってフラッと倒れたりします。

 

10歳ごろから症状が現れることが多く、起立性調節障害は子どもの5~10%にみられ、女子の比率がやや高くなっています。

 

起立性調節障害の子どもは、立ちくらみやめまいのほかに、腹痛、動悸、疲れやすいなどの症状を伴います。

 

繰り返し腹痛が起こる子どもも多いことから、反復性腹痛ともいわれています。

 

 

季節の変わり目に症状が出ることが多く、なかでも春から初夏にかけてが最も多くみられ、症状が悪化する割合も高くなります。

 

 

起立性調節障害には、夜は元気だったのに、朝になって目が覚めたときに気分が悪くなり、頭やおなかが痛くなったり、悪寒がして、なかなか起きられないなどの症状があります。

 

 

こうした状態は午前中いっぱいずっと続くことが多く、学校へ行っても午前中は体調がすぐれません。

 

このため保健室で休んだり、授業に集中できずに成績が下がり不登校に繋がるケースがあります。

 

中学受験の準備期と重なると、成績や将来に対する心理的葛藤が生まれ、心身症に移行する例もしばしばみられます。

 

 


 

起立性調節障害の発生する仕組みと原因

 

起立性調節障害が発生する仕組み

 

急に立ち上がったりすると、血液が脳に送られず下半身にたまって脳貧血状態になり、ひどいときには倒れてしまいます。

 

 

自律神経の失調からくる低血圧体質

 

起立性調節障害は、人間の意思と関係なく働いている自律神経の調和がとれなくなることが原因です。

 

子どもの訴える症状は、成人の自律神経失調症とほぼ同じです。

 

 

自律神経は、人間のさまざまな内臓や器官の機能を自動的に調節しています。

 

自律神経には、互いに相反する働きをする交感神経と副交感神経の2種類がありますが、必要に応じてどちらか一方の神経が優位となります。

 

 

例えば、運動をすると交感神経の働きが活発になって心臓の拍動が速くなり、休息すると副交感神経の働きが活発になって拍動はゆっくりになります。

 

 

起立性調節障害の子どもは、寝ている状態では血圧が正常なのに、起立したときに、特に下半身の静脈系の緊張が弱いために血圧が低くなります。

 

血圧や心臓を制御する働きをもつ副交感神経が異常に亢進して、血管迷走神経反射が起き、一時的に低血圧を起こすためとされています。

 

血管迷走神経反射とは?
血管迷走神経反射とは、自律神経系の突然の失調のために、血圧や心拍数が下がり、脳に行く血液循環量を確保できないために、失神やめまいなどの症状が起こる病気です。

 

人間が立ち上がると、重力の影響を受けて、寝ていたり座っているときに比べて下半身の静脈血管内の圧力は高くなります。

 

健康な子どもの場合は、この刺激に自律神経が反応して下半身の血管を収縮させ、下半身に血液がたまるのを防いでいます。

 

急に立ち上がっても、からだを循環する血液の量を一定に保っているわけです。

 

 

しかし、起立性調節障害の子どもは、この血管の収縮反射のメカニズムがうまく働かず、血液が下半身にたまってしまいます。

 

このため、脳の循環血液量が少なくなって脳貧血を起こしたり、心臓に戻る血液の量が少なくなって心拍数が増え、動悸などの症状が現れます。

 

子どもの自律神経機能は成長するに従って発達しますが、基本的な要素は親から受け継いでいるものです。

 

起立性調節障害の子どもの場合、家族のなかに同じような症状をもつ人が約80%いることがわかっています。家族の構成でみると、現在同じ症状をもっているか、過去に経験したことのある母親が70%と高く、父親も25%が小児期に同様の症状を経験しています。

 

兄弟姉妹にも約半数に同じ症状が現れています。こうしたことから起立性調節障害を起こす低血圧体質は遺伝するのではないかともいわれています。

 


 

起立性調節障害の症状

 

激しい腹痛や立ちくらみが現れる

 

新生児室にいるときから動脈がうまく開かず、手足を流れる血液量が少ないため、手足が冷たい乳児がいます。

 

このような子どもは、2歳を過ぎたころから繰り返し強い腹痛を訴え始めます。

 

しかし、5~10分ほど親におなかをさすってもらったり、トイレに行くと症状がなくなります。食欲があり、体重も普通の子どもと同じように増えているのに腹痛の症状は続きます。

 

 

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)がうまく調節できないために痛むのではないかといわれていますが、成長に従って起立性調節障害の兆候がはっきりしてきます。

 

 

元気なのにすぐ疲れたといっておんぶや抱っこを求めるのは、幼児の起立性調節障害の兆しです。2~3歳になると乗り物酔いをするようになり、5~6歳からは、立ちくらみやめまいが起きて、入浴時に気持ちが悪くなったりします。

 

さらに、少し動くと動悸や息切れがするなどの症状が現れてきます。

 

 

一般的には10歳ぐらいから起立性調節障害の症状が現れることが多く、特に胸の痛みを訴える子どもが増えます。

 

高校生になると、男子の約75%は症状が現れなくなりますが、女子の場合には約40%にとどまり、大人になっても起立性調節障害が続くことがあります。

 

脳腫瘍の初期症状や鉄欠乏性貧血などの病気でも、起立性調節障害によく似た症状が現れます。立ちくらみを繰り返す場合は、まず医師の診察を受けることが大切です。

 

症状 分類
立ちくらみ、めまい、脳貧血、動悸、朝起き不良 循環器症状
腹痛、頭痛、乗り物酔い 自律神経不安定症状
倦怠感、疲れやすい 易疲労
不眠、いらだち 神経症的症状
血管性・緊張性・混合性頭痛 頭痛が強い

 


 

年齢別の起立性調節障害の症状

 

乳児

手足が冷たい。

 

2~3歳

乗り物に酔いしやすい。すぐ、疲れておんぶや抱っこを求める。軽い腹痛を繰り返す。寝起きは顔色や唇の色が悪い。

 

5~6歳

入浴時に気持ちが悪くなる(湯あたり)。少し動くと動悸や息切れを起こしやすい。夜遅くまで起きていて、朝がなかなか起きられない。朝礼などで長く立っていると脳貧血状態になり、倒れやすい。急に立ち上がると真っ青になって、立ちくらみを起こす。すぐに疲れる。

 

10歳ごろ

胸の痛みを訴える。肩こりやからだのあちこちの不調を訴える。急に激しい運動をすると気持ちが悪くなり倒れる。

 

 

起立性調節障害は低血圧が原因で、年齢によっても症状が違ってきます。肩こりやめまい、腹痛などの典型的な症状は、小学校高学年以降の思春期によくみられます。

 

朝が辛くて不登校のお子様に【キリツテイン】
キリツテイン

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る