セクシュアル・ハラスメント

目次

  • セクシュアル・ハラスメントとは
  • セクシュアル・ハラスメントの背景
  • 職場だけではないセクハラ
  • セクハラに対する女性の対応法
  • セクハラが女性の心身に与える影響
  • どのような行為がセクハラ!?

 

セクシュアル・ハラスメントとは性的嫌がらせの意味で、女性を不安な状態に追い込みます。

 

女性の社会進出に伴って被害も多様化しています。

 

 

セクシュアル・ハラスメント:関連カテゴリー

働く女性のストレス 女性特有の心の不調

セクシュアル・ハラスメント|なぜ防げない?セクハラ完全対策記事一覧

セクシュアル・ハラスメントとは

(※画像はイメージです。)セクシュアル・ハラスメントは1980年代にアメリカから日本に入ってきた考え方で、女性の意に反する性的な言動によって、仕事を進行するうえで一定の不利益があったり、就業環境を悪化させることをさします。この場合は雇用の場における性差別の現れとして起きるものですが、女性の誇りや自尊心を傷つける重大な問題がセクシュアル・ハラスメントです。そのなかには、からだに不必要に触ったり、性関...

セクシュアル・ハラスメントの背景や原因

日本ではセクシュアル・ハラスメントのほとんどは、公けにされることのない男女間の問題として潜在化していました。被害を受けた女性が、上司と会社の責任を問う裁判を提起した「福岡セクシュアル・ハラスメント事件」が契機となってマスコミが大々的に取り上げ始め、89年以降、社会的に大きな関心を集めるようになりました。こうした動きがきっかけとなって、職場での性的嫌がらせの実態調査が行われ、「女性の働く権利」に対す...

職場だけではないセクハラ

日本では、勤続年数の短い、20代の女性が被害を受ける割合が非常に高く、その加害者の大部分は、30~40代を中心とした上司や先輩であるといえます。つまり、セクシュアル・ハラスメントの最も多いケースとして、中年の男性が部下や後輩の若い女性に対して行うという実態が浮かび上がってきます。職場では勤続年数の短い若い女性は、いわば弱い立場にあるため、上司や先輩にあたる男性は、その地位を利用してセクハラを行って...

職場だけではないセクハラ

個人として、セクシュアル・ハラスメントの被害に遭いそうなときと、被害に遭ったときとでは対応が違ってきます。目次セクハラ被害に遭いそうなときの対応セクハラ被害に遭ったときの対応 拒否の意思をはっきり言う 内容証明郵便で手紙を送付 立証するために証拠をとっておく 職場の信頼できる人たちに相談 弁護士・労政事務所など専門家に相談セクハラ被害に遭いそうなときの対応セクシュアル・ハラスメントをする男性の多く...

セクハラが女性の心身に与える影響

セクシュアル・ハラスメントは、被害者の心とからだにどのような影響を与えているのでしょうか。セクシュアル・ハラスメントには、言葉によるものや、軽く肩などを触れられる程度のものから強引に関係を迫られるなど、いろいろな形態があります。男性優位の職場の環境では、性的な冗談でからかったり、お尻を触ったりするのは、単なるジョークとして、大目にみてもよいという傾向があります。しかし、被害者の半数以上が、さまざま...

どのような行為がセクハラ!? 男性に求められるもの

どのような行為がセクハラなのかを認識しておきましょう。かつては、冗談や職場の潤滑油としてすまされたことでも、今ではセクシュアル・ハラスメントに相当することを理解しましょう。そのために傷つき、仕事や職場の人間関係に悪影響を受け、生活が脅かされていると感じている女性も多いのです。同僚や部下、後輩の女性に日ごろ、どういう態度をとっているのかを考え、意識的にしろ無意識的にしろ、気安く人の身体に触ったりして...

トップへ戻る