セクシュアル・ハラスメントとは?

セクシュアル・ハラスメントとは?
(※画像はイメージです。)

 

 

セクシュアル・ハラスメントは1980年代にアメリカから日本に入ってきた考え方で、女性の意に反する性的な言動によって、仕事を進行するうえで一定の不利益があったり、就業環境を悪化させることをさします。

 

 

この場合は雇用の場における性差別の現れとして起きるものですが、女性の誇りや自尊心を傷つける重大な問題がセクシュアル・ハラスメントです。

 

そのなかには、からだに不必要に触ったり、性関係を強要したり、性的な質問をしたり、不愉快な視線を浴びせたり、わいせつな写真を見せたりすることが含まれます。

 

 

ある調査によると、約4人に1人の女性が「性に関する不快な経験」をしたことがあると答えており、セクシュアル・ハラスメントは特別な問題ではなく、女性なら比較的多く経験する問題であることは明らかです。

 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

セクシュアル・ハラスメントの背景や原因
被害を受けた女性が、上司と会社の責任を問う裁判を提起した「福岡セクシュアル・ハラスメント事件」が契機となってマスコミが大々的に取り上げ始め、89年以降、社会的に大きな関心を集めるようになりました。
職場だけではないセクハラ 【上下関係が存在するところであれば何処でも起き得る】
社会的・身体的に強い立場や職場での上下関係を隠れみのにしたセクシュアル・ハラスメントが起きるのは、何も雇用の場だけではありません。上下関係が存在するところであれば、学業の場や福祉施設でも起こっているのです。
セクハラに対する女性の対応法 【被害に遭いそうなとき・被害に合ったとき】
個人として、セクシュアル・ハラスメントの被害に遭いそうなときと、被害に遭ったときとでは対応が違ってきます。セクシュアル・ハラスメントをやめさせるには、素早い対応をとることが大切です。
セクハラが女性の心身に与える影響
セクシュアル・ハラスメントは、被害者の心とからだにどのような影響を与えているのでしょうか。被害者の半数以上が、さまざまなセクシュアル・ハラスメントによって、心身を傷つけられているという事実があります。
どんな行為がセクハラ!? セクハラの種類を参考に判断しましょう
どのような行為がセクシュアル・ハラスメントなのかを認識しておきましょう。かつては、冗談や職場の潤滑油としてすまされたことでも、今ではセクシュアル・ハラスメントに相当することを理解しましょう。

このページの先頭へ戻る