どんな行為がセクハラ!? セクハラの種類を参考に判断しましょう

どのような行為がセクハラ!? 男性に求められるもの

 

 

どのような行為がセクハラなのかを認識しておきましょう。かつては、冗談や職場の潤滑油としてすまされたことでも、今ではセクシュアル・ハラスメントに相当することを理解しましょう。

 

そのために傷つき、仕事や職場の人間関係に悪影響を受け、生活が脅かされていると感じている女性も多いのです。

 

 

同僚や部下、後輩の女性に日ごろ、どういう態度をとっているのかを考え、意識的にしろ無意識的にしろ、気安く人の身体に触ったりしていないか、チェックしてみましょう。

 

セクハラの種類

セクハラには大きく分けて「環境型」「対価型」の二つに分類されています。

 

また「環境型」にはさらに三種類に分けられます。

 

対価型セクハラ

職場の地位や上下関係を利用して、昇格、降格、解雇、減給など条件に性的な関係を迫り、それを拒否した女性に対して不利益を与える場合。

 

 

環境型セクハラ

環境型は「発言方」「視覚型、」「身体接触型」の三つの種類に分類されます。

 

主に就業環境を不快にさせ、就業する上で見過ごせない程度に支障が生じる場合に当てはまります。

 

視覚型

  • 卑猥なポスターを見せる
  • 性的魅力をアピールする振る舞いや服

発言型

  • 性的な冗談を繰り返し発言する
  • 私生活上の秘密の噂を意図的に広める

身体接触型

  • 胸やお尻をさわる
  • 不用意に身体に触れる

 

などです。

 

スポンサーリンク


 

 

他にも男女ともに気持ちよく働き続けられる職場環境づくりをするために、心がける注意点は数多くあります。

 

例えば、女性の反応に無頓着なのはやめましょう。嫌だと言ったり、不快そうだったら、すぐに言動を改めます。

 

 

自分の行動がセクハラかどうかの判断に迷うときは、「自分の妻や娘、あるいは恋人が同じことをされたらどうだろうか」と考えてみます。

 

 

当たり前のようですが、職場で女性について評価しなければならないときには、仕事に関する範囲内にとどめましょう。

 

もちろん、女性をやゆするような猥談を言ったり、それについてほかの人と一緒になって笑ったりするのは女性に嫌悪感を抱かせます。

 

 

逆に、被害を受けた女性から相談を受けたら、事を重大に受けとめ、真剣に相談にのって、力を貸しましょう。

 

そして、誰かがセクハラをしているのを目撃したら、「そんなことはやめろ」と勇気を出して言いましょう。

 

 

同僚の男性からも支持されていないとわかれば、加害者はやめるものです。

 

 

 

スポンサーリンク


 

合わせて読みたい記事

セクシュアル・ハラスメントとは?
セクシュアル・ハラスメントは1980年代にアメリカから日本に入ってきた考え方で、女性の意に反する性的な言動によって、仕事を進行するうえで一定の不利益があったり、就業環境を悪化させることをさします。
セクシュアル・ハラスメントの背景や原因
被害を受けた女性が、上司と会社の責任を問う裁判を提起した「福岡セクシュアル・ハラスメント事件」が契機となってマスコミが大々的に取り上げ始め、89年以降、社会的に大きな関心を集めるようになりました。
職場だけではないセクハラ 【上下関係が存在するところであれば何処でも起き得る】
社会的・身体的に強い立場や職場での上下関係を隠れみのにしたセクシュアル・ハラスメントが起きるのは、何も雇用の場だけではありません。上下関係が存在するところであれば、学業の場や福祉施設でも起こっているのです。
セクハラに対する女性の対応法 【被害に遭いそうなとき・被害に合ったとき】
個人として、セクシュアル・ハラスメントの被害に遭いそうなときと、被害に遭ったときとでは対応が違ってきます。セクシュアル・ハラスメントをやめさせるには、素早い対応をとることが大切です。
セクハラが女性の心身に与える影響
セクシュアル・ハラスメントは、被害者の心とからだにどのような影響を与えているのでしょうか。被害者の半数以上が、さまざまなセクシュアル・ハラスメントによって、心身を傷つけられているという事実があります。

このページの先頭へ戻る