買い物依存症

買い物依存症のケースでは、1,000足の靴とイメルダ夫人が有名です。1986年2月、フィリピンで政変が起こった際、失脚したマルコス大統領のイメルダ夫人が不正取得していた資産が明るみに出ました。

買い物依存症

依存には至らないまでも依存傾向のある人は、エスカレートしないために、興味の対象を複数もつことが得策でしょう。

買い物依存症

買い物依存症に打ち勝つ第一歩は、自分が買い物依存症に陥っているということに気づくことです。依存症になっているかそれとも依存傾向にすぎないかを判断する自己診断テストを参考にしましょう。

買い物依存症

時々は衝動買いがあっても一時的な気晴らし程度で、買った後によい気分が残るのであれば、買い物好きの傾向があるということはできても、依存症とはいえません。

買い物依存症

買い物依存に陥る原因の一つは、非常に強いストレスです。対人関係では得られない充実感を求めて、代理の満足を得ようとします。