買い物依存症

買い物依存症とは

買い物依存症とは
(※画像はイメージです。)

 

 

買い物依存はギャンプル依存、仕事依存(ワーカホリック)などと並んで、行為過程依存の一種とされています。

 

行為過程依存は行為過程嗜癖、あるいは単に行為依存、プロセス依存ともよばれています。

 

 

依存症は、物質依存、プロセス依存、対人関係依存に大別されます。

 

このうち物質依存はアルコール、薬物、ニコチンなど嗜好品や薬物に対する依存であり、対人関係依存はパートナーや子どもなど具体的な「人間」に依存するものです。

 

 

プロセス依存は、何らかの行為をすることに対する依存です。

 

仕事中毒、パチンコや競馬、競輪などのギャンブル依存、あるいは児童虐待、のぞきや痴漢などの習慣的性的逸脱行動や盗癖もこのグループに入ります。

 

 

依存症とは、のめりこみすぎてしまう病気ですが、その対象は身近で親しみがあって、手の出しやすいものに向けられることになります。

 

何が身近であるかは、その人の性別やおかれる環境、また時代によっても変わってきます。

 

スポンサーリンク


 

街角法律相談所

 

依存症の代表とされるアルコール依存症は、これまで男性に多い依存症とされてきましたが、女性の社会進出など社会が変化するにつれて、最近は、女性にも増えています。

 

 

プロセス依存のなかのギャンブル依存も、かつては男性に特有のものとされましたが、最近では女性にもパチンコ依存が目立っており、のめりこんでいるハード・ユーザーの30%は女性と推定されています。

 

同様のパターンで、仕事依存になる女性もしばしばみられるようになってきました。

 

 

買い物依存は、過食症などと並んで女性に多くみられる症状です。

 

買い物は昔から女性にとって、単調な家事から解放され、雑用にあふれている家を出て、一息つくための数少ないチャンスでした。

 

 

小ぎれいな服に着替えて買い物に出て、人々と交歓し、おしゃべりを楽しむこともできたのです。

 

 

また、何か重要な決定を下すのはいつも男性であった社会では、買い物はささやかなものであっても、女性が自ら何かを決めることができた唯一の機会でもありました。

 

 

女性にとって買い物は、安定した暮らしぶりの反映でもあり、楽しいことの代表でした。

 

もちろん、ときには衝動買いもあったでしょうが、いくら衝動があっても、普通の主婦は無尽蔵の資金は持ち合わせていません。

 

財布の中身が有限であれば、おのずと買い物は制限されることになります。

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る