睡眠関連性ミオクローヌス

睡眠関連性ミオクローヌス

 

 

睡眠関連性ミオクローヌスは、特発性周期性四肢運動障害ともよばれています。

 

睡眠中、下肢の筋肉に小さなけいれんが繰り返し生じるケースで、高齢の男性に多く起こります。

 

 

けいれんは20~40秒間隔で起こるので、睡眠が浅くなり、不眠に陥ることがあります。

 

また、夜間に熟睡が妨げられるため、日中の過眠が現れるケースもみられます。

 

 

ミオクローヌスは入眠時に起こりやすく、たいてい足首の関節を反らして膝を曲げる動きを繰り返します。

 

患者自身はミオクローヌスが起こっていることに気づかず、家族から指摘される場合が多いものです。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る