金縛りのような睡眠麻痺

金縛りのような睡眠麻痺

 

 

睡眠麻痺は、ナルコレプシーの特徴的な症状の一つとしてもみられることがあります。

 

ナルコレプシーの発症のピークは10代です。

 

睡眠麻痺は意識ははっきりしているのに、からだが動かなくなるケースで、睡眠と覚醒の移行期にみられます。

 

声もほとんど出すことができなくなり、強い不安や恐怖感を覚えることが多いものです。

 

 

たいていは入眠時にみられ、幻覚を伴います。

 

眠りに入る際に、現実ととり違えるほどの生々しさを伴った幻覚や幻聴が現れることが多いといわれます。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る