ストーカーになりやすい人【ストーカーの背後にある病気】

ストーカーになりやすい人【ストーカーの背後にある病気】

 

 

ストーキングの背後にある病気はさまざまで、いまだに精神医学的に明確な定義はなされていませんが、その標的によって、3種類に大別されます。

 

一つは芸能人や政治家など有名人につきまとうタイプです。ファン心理の逸脱したパターンと受けとられがちですが、パラノイア(偏執症、妄想型統合失調症)を含む統合失調症の患者である場合が多いといわれます。

 

一般に統合失調症は適切な治療を行わないと、精神的なエネルギーを失って人格崩壊をきたします。

 

パラノイアの場合は、社会的適応力はありますが、妄想を伴うこともあります。

 

 

二つ目は同僚や元恋人、元配偶者など顔見知りにつきまとうタイプで、境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)、自己愛的人格障害、反社会的人格障害など、何らかの人格障害がみられます。

 

三つ目は面識のない人につきまとうタイプです。統合失調型人格障害を中心とした統合失調症のケースが多くなります。

 

以上の3つのタイプの人がストーカーになりやすい人とされています。

 


 

ストーカーに関係があるとみられる人格障害

 

はっきりとした病気でもないのに、その人の行動や態度、対人的なかかわりあい、思考の様式などが普通の人と大いに変わっていて、そのために自分が悩んだり周囲の人々を悩ませたりする場合を人格障害(パーソナリティ障害)とよびます。

 

新しい国際診断では「人格障害は発達の早期に起こり、成人期まで持続する。主観的または個人的な苦悩と関連していることが多く、社会に不利益をもたらす」と定義しています。

 

自分や他人、出来事などをどう認識・解釈するかという認知の面、感情的反応の範囲や強度の適切さなどの感情面、対人関係、衝動のコントロール、職業的・社会的パフォーマンスなどに問題があるとされています。

 

人格障害は、特徴によっていくつかの種類に分けられますが、ストーカーに関係があるとみられるものは次の三つです。

 


 

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)

専門家の間では、ストーカーの中核となると考えられています。一見神経症とみえるのに、精神分析をしていくと統合失調症に似た深い病理を出現させます。特徴としては、不安定で激しい対人関係と感情、自己破壊的な衝動性、アイデンティティーの喪失などです。

 

慢性的快感喪失が強く、見捨てられる不安が大きいため自傷行為を繰り返します。

 

通常は普通の社会人で才能やセンスにも恵まれ、社会的に成功しているような人でも、何かのきっかけで攻撃的になると、執拗さ、陰険さ、残虐性といった点で世間の常識から逸脱していきます。

 

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は、アメリカの社会文化の影響を多分に受けている地域特有の障害ではないかという議論もあるほどで、一種の文明病的なところがあります。

 

アメリカ文化の影響が強い日本では、この境界型人格障害の人が増えているといわれ、どちらかというと女性に多くみられます。

 

 

反社会的人格障害

他者の権利や安全を持続的に無視します。全体的に無責任で対人関係を保てず、欲求不満耐性が低く、罪の意識を体験できないか学べないといった特徴があります。

 

 

自己愛的人格障害

感情の浅薄さが目立ち、被暗示性が強く、不適切な性的誘惑を示しながらも性的には未熟で、誇大性や利己的な行動がみられます。

 

 

精神病理的な見方とは別に、一部の研究者はストーカーは依存性が強く、アルコールに依存するように人間に依存するという説を唱えています。

 

また、アメリカのストーカーはアダルトチルドレンであったり、幼少期に虐待を受けていることが多く、日本では母子密着型親子であった例が多いという見方もあります。

 

「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書)

 

 

ストーカーになる不安があれば精神科を

しつこい嫌がらせ行為の背景には、境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)などを中心としてさまざまな精神病理があります。

 

また、世間一般の感覚では、ストーカーを正常と狂気の境目といったイメージでとらえ、ドラマのスリルを楽しむような風潮があることも否定できません。

 

そのうえ、情報化社会は偶然に他者の情報を見聞きする機会を増やし、パソコンやスマートフォンなどで図らずも他人の秘密をのぞいてしまうようなこともあります。

 

 

ちょっとした心の揺れがストーキングへと駆り立てないとも限りません。

 

ストーカーになる不安があれば精神科を、被害者になる心配があれば相談機関を訪ねることです。

 

身近な誰かが明日にもストーカーの標的にされる可能性もないとはいえません。いざというときのストーカー対策などを知っておくようにしたいものです。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る