ストーカー加害者にならないために【ストーカーの治療】

ストーカー加害者にならないために【ストーカーの治療】

ストーカー加害者にならないために【ストーカーの治療】

ストーカー加害者にならないために【ストーカーの治療】

 

 

ストーカー加害者にならないために、きちんと「NO!」の理屈を教える

 

ストーカーによくみられる性格として、自分に甘く、勝手な解釈からごり押しが通ると考えがちであるといわれます。

 

こうした性格の根は幼児期に芽生え、増長していくと考えられています。

 

ストーカー加害者:私から、逃げてください

なぜ彼らはストーカー加害者にならなければならなかったのか。実際に加害者たちを取材し、その心に迫った渾身のノンフィクション!

 

 

アメリカの精神科医のE・カンツマンは、

 

「信じられないほど多くの人が「NO!」の意味をわかっていない。誰もはっきり教わったことがないからだ」

 

と述べ、理屈の通じる人間に育てるためには、子どもの不当な要求に対し、断固として否定する方法をもっていなければならないと指摘しています。

 

 

例えば、友だちの持っているオモチャをねだってかんしゃくを起こしたり、駄々をこねた場合、妥協して買い与えたとします。

 

子どもは、こういう状況では大騒ぎをして親を困らせれば「NO!」の意味を「YES!」に変えることができると理解してしまうというのです。

 

 

相手の胸中を理解し、我慢強さも備えた大人に育てるには、幼いうちから「ダメなものはダメ!」という現実を知らせなければなりません。

 

これは非行やストーカーの予防に有効なだけでなく、抑制のきいた人間になるためにも貴重な一歩といえます。

 


 

ストーカーの治療

 

ストーキングを繰り返す人物に対してはっきりと効果があるという薬や治療法はありません。

 

ストーキングの背景にある病気に対処していくことになります。

 

精神療法として個人療法、集団療法、認知行動療法などが用いられます。

 

統合失調型人格障害と境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)には抗精神病薬が奏功することがあります。

 

薬物療法と精神療法が併用されることもあります。

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る