長期ストレスの影響と反応

長期ストレスの影響と反応

 

 

ストレスが長期間続き、自分ではコントロールできない状態におちいってしまうと、緊張が目立つようになります。私たちは、だれもがそれぞれの方法で行動し、生活するように育てられています。

 

 

そのために自分ではどうにもできない理由で、それまでと違った生活を長期間強いられると、ストレスがかかってきます。突然、対処機構が機能しなくなり、緊張が現れるのです。

 

 

反応は人によって違い、血圧が上がる人、怒りっぽくなりイライラする人、タバコやお酒の量が増えてしまう人などがいます。あまりにもストレスが強くなると、抵抗力が衰え、病気にかかりやすくなります。

 

 

また、自殺を招いてしまうことさえあります。生活のプレッシャーが大きくなりすぎて、死にとりつかれる人、世間の注目を引こうと思う人が出てくるのです。

 

 

ストレスに対するもっとも強い反応は、いろいろなレベルで「助けを求める」ことです。万引き、危険な行動、乱交、麻薬中毒などは、いずれも生活に対処するのが難しいことを訴えているといえるでしょう。

 

長期のストレスは、神経を極限まで張りつめさせ、対処能力を失わせてしまうものなのです。

 


 

慢性ストレスにつながる状況

 

  • 長期にわたる結婚生活の不和
  • 長期の訴訟などの係争
  • 不況切り抜けの努力
  • いやな上司のもとでの仕事
  • 無能な同僚といっしょに働くこと
  • 再雇用のあてのない失業
  • 配偶者や子どもの長患い

 

ストレスは、重い病気につながる

 

ストレスをどうとらえ、どう対処するかは、人によって違います。

 

特定のストレスが個人に与える影響は、はっきりわかっていませんが、ストレスが病気の原因になっていることは確かです。

 

 

片頭痛、脱毛、ぜんそく、神経過敏、発疹、性的不能、月経不順、大腸炎、過敏性腸症候群、背中の下部の痛み、どれもストレスと関係していると思われます。

 

最悪の場合、ストレスはがんや心臓血管疾患にもつながりうるとされています。

 

 

英国の心臓病調査では、「心臓発作の一番の原因は何だと思いますか?」という質問に、数千人の労働者の大多数が「ストレス」と答えています。

 

 


 

 

 

あなたにおすすめ
トップへ戻る