ストレスの解消法と対処法

ストレスの解消法

ストレスへ解消法

 

 

ストレスが多すぎる場合、生活や人生観を変えることが一番です。

 

失業や離婚など、1つの原因がストレスになっている場合は、その変化に適応する対処方法を見つけ、怒りや苦しみという感情を抑えこまないことです。

 

 

できれば心の通じる友人がいること、気楽に構えて生活の変化になじむことが重要です。

 

いつもの運動でも娯楽でも、趣味でもかまいません。

 

 

当面の問題から気持ちをそらせることをします。

 

ストレス解消に効果がある瞑想、自己催眠、ヨガもいいでしょう。リラックスする方法を学ぶことです。

 

 

仕事がストレスの原因なら、仕事の場にもっと自分のパーソナルな要素を増やしてみることです。

 

花束ひとつ、家族の写真1枚でまったく違ってきます。

 

 

不安や落ち込みをやわらげるために、精神安定剤や抗うつ剤をむやみに服用することはお勧めできません。

 

危機を乗り切らせるために、医師がこうした薬を短期間処方することはありますが、長期間の使用は避けたほうがよいでしょう。

 

 

リラックスするためにアルコールを飲むのもやめましょう。

 

アルコールを飲んでもストレスの原因は取り除けませんし、しまいには飲むことが習慣となってアルコール依存症へとつながります。

 

スポンサーリンク


 

バイオフィードバックでストレス解消

 

バイオフィードバック法とは、自律訓練法ともいわれるストレス緩和法のひとつです。

 

「心臓のリズムを整えて」「てのひらを温かく」などと自分に言い聞かせることで、実際にからだがそのように反応しリラックスしていくという、いわば自己暗示の手法といえます。

 

 

人間の自律神経には、緊張(ストレス)と緩和(リラックス)のバランスを自動的に制御する機能があります。

 

ところが不安や不満、怒りなどで緊張が生じると、自律神経がうまく働かなくなって、リラックスすることができず精神的に追いつめられてしまうのです。

 

 

自律訓練法を学んでリラックスすれば、解決への糸口を見つけることができます。

 

 

このストレス解消方法を体得すると、ストレスを自分でコントロールできるようになり、その過程で自分のストレス症状と心の持ち方の相関に気づくようになります。

 

 

どうしたら自分の生活環境やライフスタイルをストレスのないものにできるかを知り、実践していくのがバイオフィードバック、自律訓練法の最終日標です。

 

 

パソコンやオーディオビジュアル機器などの進歩で、最近では脳波のα波を音声化したものや、自分の脈拍音を増幅したものをイヤホンで聴きながら、暗示を強めていくという方法も可能になっています。

 

このような補助器具を用いて、バイオフィードバックが簡単に身につけられる時代も、すぐそこまでやってきているようです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

トップへ戻る