劣等感(劣等コンプレックス)

髪の毛についての悩みで多いのは、抜け毛や薄毛です。脱毛症は髪の毛の成長期が短くなり、休止期が早くやってきて毛髪が抜ける男性型脱毛症(AGA)と、成長期の髪が突然抜けてしまう円形脱毛症に分けることができます。ここでは、薄毛に良い食べ物、 ...

劣等感(劣等コンプレックス)

ワキ毛やすね毛など、全身のムダ毛が濃く、太くなってしまった・・・というコンプレックスをお持ちの方が意外と多いです。毛深い悩みはデリケートな話だけに、他人に相談しづらいですよね・・・ムダ毛のさまざまな脱毛方法チェックし、あなたに適した脱 ...

醜形恐怖症(容姿コンプレックス)

優越感の強い人には必ず劣等感があり、劣等感の強い人には必ず優越感が認められるものですが、醜形恐怖(容姿コンプレックス)の人は顔やからだの美醜にこだわることで、劣等感の肩代わりをしていると考えられています。

醜形恐怖症(容姿コンプレックス)

薬物療法、精神療法、入院治療による醜形恐怖(容姿コンプレックス)の治療

醜形恐怖症(容姿コンプレックス)

うつ病・強迫性障害・人格障害との関係など醜形恐怖(容姿コンプレックス)の対象となる部位から周辺にある病気を推察

醜形恐怖症(容姿コンプレックス)

女性雑誌ではエステティックやダイエットの特集が組まれ、美容整形の広告も目立ちます。「メディアの影響が強い外見へのこだわりの原因」「醜形恐怖症の背景に映像文化の影響」

醜形恐怖症(容姿コンプレックス)

醜形恐怖(容姿コンプレックス)とは外見にこだわる病理で、自分の顔やからだなど外見の欠陥に対するとらわれです。気になる欠陥がまったくの想像上のこともあれば、とるに足りないささいなこともありますが、心配が著しく過剰になり、そのために苦痛や ...

劣等感(劣等コンプレックス)

ブランド製品に群がるブランドコンプレックスは、劣等感のなせるわざということができます。OLや女子学生たちが、食費も削って不相応なブランド品をもつことが、流行のようになっています。

劣等感(劣等コンプレックス)

幼少年時代に肉親による愛情や親密感を体験しないまま過ごすと、劣等感に対する補償能力が乏しいものになってしまうことがあります。

劣等感(劣等コンプレックス)

オーストラリアの精神医学者で心理学者のアドラーは劣等感(コンプレックス)を克服するための補償を次のような五つのタイプに分けています。補償という概念が、劣等感を克服するための有効なヒントを与えてくれます。