ノイローゼ

ノイローゼの治療方法には、精神療法、薬物療法などがあります。日本でのノイローゼの診断基準は、は以下のとおりです。

育児ストレス

幼児期の子どもを持つ母親が夫に望むことは、お風呂に入れることや子どもの遊び相手などです。
育児ストレスを防ぐ最大の方法は子育てに対する夫の理解と仕事の分担です。

ノイローゼ

ノイローゼとうつ病の違い、ノイローゼと統合失調症の違い。ノイローゼとの違いは根本的に違う症状が現れます。

ノイローゼ

幼少期のノイローゼでは、不安やうつ状態、言葉の遅れ、頭痛、不眠、夜尿症、かんしゃく、粗暴などがみられます。また、高齢者のノイローゼはまだはっきりとわかっていません。

育児ストレス

アメリカを中心に子育てに悩むお母さんの精神状態が研究されるようになり「マタニティブルー」「産後うつ病」「育児ノイローゼ」「育児ストレス」などの言葉がよく使われるようになってきました。しばしば混同して使われていますが、これらはそれぞれ別 ...

ノイローゼ

ノイローゼの患者は、しばしば自律神経症状を訴えます。動悸や頻脈、胸が締めつけられる感じ、息苦しさ、手足のしびれ感、脱力感、震え、めまい、嘔吐、吐き気、顔のほてりなどです。

ノイローゼ

人とのつき合いや社会とのかかわりがうまくいかない不適応状態がノイローゼです。不安と恐怖が精神面に出て、言動に変化が生じます。