パニック障害

最近では近所の買い物には一人でも出かけられるようにまで改善し、今では症状も半年以上でてなく、パニック障害を克服できたと思います。

精神療法(心理療法)

最近になって、自分が受けたのは行動療法という精神療法の一つで、医師は支持的精神療法とよばれる手法で自分を支えてくれたのだと知りました。

パニック障害

さまざまな身体症状があるので、まず身体疾患の有無を調べます。パニック発作が心臓、甲状腺や副甲状腺、副腎などの疾患、または薬物中毒などと関連していないかを診断していきます。

過換気症候群(過呼吸症候群)|突然息が苦しくなる過呼吸に続く症状

過換気症候群(過呼吸症候群)の症状は、1994年に出されたDSM-Ⅳ(「精神疾患の分類と診断の手引き」アメリカ精神医学会編)で、不安障害の一種に分類されているパニック障害によく似ています。

パニック障害

治療は、薬物療法と心理療法が中心になります。薬がうまく合えば、パニック発作も広場恐怖も劇的に改善しますし、パニック発作の予防も可能です。

パニック障害

パニック障害の原因はまだ完全には解明されていません。

不安障害

何らかの不安障害をもつ人は、自律神経が過剰に興奮するパニック発作を起こすことがあります。

パニック障害

パニック発作は、自律神経が過剰に興奮したために起こる急性の不安発作です。自律神経が制御している呼吸器系、循環器系、消化器系、筋肉系、皮膚系に激しい症状が現れます。

パニック障害

パニック障害は恐慌性障害ともよばれ、パニック発作とこれがもとで起こる病的な不安や恐怖を基調とする病気です。