依存症

女性のキッチンドリンカーやパチンコ依存症などが増えています。この傾向は今も続いています。

アルコール依存症

女性がアルコール依存症になりやすい最大の理由は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が肝臓のアルコール脱水素酵素とMEOSの働きを抑制し、アルコールの代謝を遅くするためです。

買い物依存症

買い物依存に陥る原因の一つは、非常に強いストレスです。対人関係では得られない充実感を求めて、代理の満足を得ようとします。

依存症

依存症は脳に物に依存したい欲求が起き、それがエスカレートしていく病気だと考えられています。ですから、その原因を取り除かなくては、たとえ表面的には依存から抜け出したようにみえたとしても、また別のものに依存することを繰り返していくだけです ...

アダルトチルドレン

嗜癖(しへき)とはアルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存、拒食症・過食症、仕事中毒など、自己調節や管理能力を失った習慣障害をいいます。

依存症

依存症は特別な人だけがかかるものではなく、だれもがおちいる可能性のある症候群です。大切なのは、依存症になるさまざまな要因と過程を積み重ねないことです。心当たりのある人は、「依存症の予防」を参考に、早めに軌道修正してください。

アルコール依存症

アルコール飲料の乱用によるさまざまな障害をアルコール症といいます。精神障害を「アルコール精神疾患」と総称し、急性アルコール中毒、アルコール精神病、アルコール依存症の三つに分けています。

アルコール依存症

具体的には、肝機能障害や不眠、手のふるえ、発汗など、身体的な症状のほかに、職場や家庭内で飲酒によるトラブルが起こるなど、社会生活への悪影響が出ていれば、明らかにアルコール依存症に進んだといえます。

依存症

かつて、依存症をつくり出すのはアルコールや麻薬だと考えられていました。
しかし、人間はごく日常的な事柄に対して病的にのめり込み、依存症となりうることがわかってきました。