醜形恐怖症(容姿コンプレックス)

優越感の強い人には必ず劣等感があり、劣等感の強い人には必ず優越感が認められるものですが、醜形恐怖(容姿コンプレックス)の人は顔やからだの美醜にこだわることで、劣等感の肩代わりをしていると考えられています。

劣等感(劣等コンプレックス)

幼少年時代に肉親による愛情や親密感を体験しないまま過ごすと、劣等感に対する補償能力が乏しいものになってしまうことがあります。

劣等感(劣等コンプレックス)

オーストラリアの精神医学者で心理学者のアドラーは劣等感(コンプレックス)を克服するための補償を次のような五つのタイプに分けています。補償という概念が、劣等感を克服するための有効なヒントを与えてくれます。

劣等感(劣等コンプレックス)

劣等感の内容は、成績や体格、容姿、性格といったものが多く、特に女子では、容姿をあげた人が多い点に特徴があります。

劣等感(劣等コンプレックス)

オーストラリアの精神医学者で心理学者のアドラーは、人間は、その成長の過程で両親や周囲の人に対して常に何らかの劣等感をもち、この劣等感が人格を形成するうえで中枢的な役割を果たすと考えました。

劣等感(劣等コンプレックス)

自分が他人よりも劣っていると自覚することは、人生のさまざまな局面で誰しも経験するものです。