思春期症候群

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)が思春期の子どもたちの間に増加しており、社会問題となってきています。

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は、明らかに若い女性に多くみられる障害で、今後さらに増える傾向にあるといわれます。

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は、ほかの障害に比べて、治療を途中で放棄する患者が多く、治療者にとっても困難な障害の一つとされます。

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の診断基準として、次の九つの性格・行動傾向のうち、五つ以上の項目に該当する場合としています。

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の原因としては、1歳~3歳くらいまでの幼児期に、特に母親との関係で情緒的に傷ついたり、何か大切なものが形成されなかったりしたために、心の中に欠損のようなものが生じ、10代後半あたりから、さまざ ...

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)では、衝動的で、激しい怒りがよくみられるほか、アイデンティティーの障害があり、自分自身のイメージをはっきり描けません。なかでも特徴的なのは、対人関係における見捨てられ感です。

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)

境界性人格障害という分類については、いまだに未解決な問題があり、この障害が果たして人格障害といえるものなのか、単に何らかの精神障害に移行しうる状態にすぎないのではないかといった論議が現在も続いています。