女性特有の心の不調

心療内科や精神科での治療は、薬物療法が基本になります。また、薬物療法と並行して、心理カウンセラーによるカウンセリングをとり入れることもあります。治療期間は短くて数か月、長ければ数年かかることもあります。

女性特有の心の不調

心の不調のなかで漢方治療に向くのは、心の病気まではいかないイライラや落ち込み、軽いうつ病、PMS(月経前症候群)など女性ホルモンの問題によるものです。漢方治療では部位ごとではなく、人間をトータルにみる視点が、女性の心の問題の治療に向い ...

女性特有の心の不調

女性外来は、女性の心のトラブルをからだとトータルで診察してくれます。心の不調が月経周期に関係しているなら、女性外来に相談するのがベストです。女性外来なら月経と心の問題について、適切な改善策を提案できます。

女性特有の心の不調

女性の心の不調にはアロマテラピーも役立ちます。アロマテラピーとは、植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使って、自然治癒力を高める療法です。精油はさまざまな芳香性物質からできていて、その香りを吸い込むことで、芳香性物質が鼻の神 ...

女性特有の心の不調

低用量ピルの服用はホルモンバランスの改善に効果を発揮しします。女性ホルモンは心にも働きかけるので、月経トラブルが改善するとともに、心も安定し、心の不調も改善できます。

女性特有の心の不調

心の不調と月経(生理)は、どのように関係しているのでしょうか?そのカギとなるのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつの女性ホルモンです。排卵を過ぎると心身が不調になりがちに・・・。

働く女性のストレス

ストレス症候群は、軽いうつ状態の場合が多いので、一番の治療法は休養です。ストレスの原因からしばらく離れて暮らしてみましょう。

働く女性のストレス

男性型脱毛症は男性特有の悩みでしたが、最近は職業をもつ女性の間にも、薄毛や脱毛が広がってきています。

働く女性のストレス

ストレスによってどのような症状が現れるかは、その女性の職業や職場環境、年齢、ライフスタイルなどによってさまざまです。働く女性のストレス症候群には次のようなものがあります。

スーパーウーマン症候群

スーパーウーマン症候群の症状は「身体的症状」と「心理的症状」に加えて、家族や同僚、先輩、友人との対人関係のゆがみもひとつの症状としてあげられます。