醜形恐怖症(容姿コンプレックス)

うつ病・強迫性障害・人格障害との関係など醜形恐怖(容姿コンプレックス)の対象となる部位から周辺にある病気を推察

強迫性障害

患者が病院をきらう場合には、変調に気づいた家族が本人の代わりに相談し、医師のアドバイスを受けて早期に対策をし強迫性障害の治療を必要があるでしょう。

強迫性障害

強迫性障害の患者は自分でも考えや行動が奇妙だと思っていても、日常生活にあまり支障がないために病気であることを認めなかったり、他人から症状を指摘されるのを嫌がったりします。

強迫性障害

強迫性障害は成人だけでなく子どもにもみられます。子どもの場合は同じ言葉を数十回も繰り返したり、母親に特定の反応を求めたりしますが、その行為が性格なのか病気なのか、判断は困難です。

強迫性障害

強迫性障害の原因は複合的ではっきりしませんが、強迫性障害を起こす誘因としては、ストレスや心身の疲労、対人関係の軋轢などがあることは確かです

強迫性障害

強迫性障害は長い間、めずらしい病気とみられてきましたが、1980年代になって、次第にありふれた病気であることが明らかになってきました。精神分析で有名なフロイトは、強迫性障害についての精神分析モデルを発表しています。

強迫性障害

強迫性障害は自分で大したことではないとわかっている考えや不快な感情、さらには奇異な行動をやめようとしてもやめられない病態です。止めようとすると、逆に強い不安にかられるという厄介な病気なので、患者は余計に苦しむことになります。強迫性障害 ...