好きと嫌いの心理学

話し相手と座る座り方、接触頻度と好意度の関係、距離と新密度の関係について。好き嫌いの感情は、円滑なコミュニケーションや人間関係を築いていくための、大きなポイントとなっています。

好きと嫌いの心理学

好き嫌いの感情は、会話中の視線の動きやちょっとした仕草に無意識のうちに表れることがあります。好き嫌いのサインを見逃さないようにしましょう。

好きと嫌いの心理学

どんな人を好きになり、どのような人に嫌悪感をもつのかは人によって異なります。ところが、多くの人から好かれる人がいたり、逆に周囲から嫌われる人がいるのも事実です。人間関係において、どれだけ相手を大切にしているのかという点が、対人感情が好 ...

好きと嫌いの心理学

初対面で抱いた好き嫌いの感情は、人間関係を築くための基礎となるものです。ただし、好意をもっているだけでは人間関係は進展していきません。互いに親しさを増し、人間関係を深めていくには、一定のプロセスが必要です。

好きと嫌いの心理学

出会った相手に対して抱く好意や嫌悪感には、さまざまな要因がかかわっています。私たちは初対面の相手でも、その人がどんな人なのかをある程度推測します。また、外見の美しさは、人に好印象を抱かせる大きな要因の一つです。

好きと嫌いの心理学

私たちが人に対してとる行動や思考は、喜びや悲しみ、怒りといった一瞬一瞬の心の動きに影響されています。このような心の動きを、情緒といいます。情緒は相手に抱く感情によって大きく左右されます。

劣等感(劣等コンプレックス)

オーストラリアの精神医学者で心理学者のアドラーは、人間は、その成長の過程で両親や周囲の人に対して常に何らかの劣等感をもち、この劣等感が人格を形成するうえで中枢的な役割を果たすと考えました。