登校拒否症(不登校)

登校拒否は非常に多くの側面をもつ複雑な現象です。登校拒否のタイプ別分類を見てみましょう。学校生活に起因、遊び・非行、無気力、不安など情緒的混乱、意図的な拒否、複合型などタイプ別の説明

思春期症候群

ストレスが学習意欲の減退や、不登校といった状態の大きな原因となっていることに留意する必要があります。

登校拒否症(不登校)

登校拒否への対応には早期発見、早期解決が必要になります。親がその本質を理解して励ますことも可能で、それだけで子どもが登校を再開し、克服するという例も少なくありません。

思春期症候群

今、消臭・清潔に関する商品は、実に多種多様なものが出回っています。子どもたちも、「さらさら・すべすべ・すっきり」の3Sを追い求め、消臭・清潔グッズに関しては敏感で、大人顔負けの情報通の子どもも少なくありません。

家庭内暴力

家庭内暴力の原因には様々ありますが、ここでは親子関係に焦点をを絞って述べています。家庭内暴力が注目されるようになった背景には、親子関係の変化があります。家庭内暴力が起きてしまった場合、最も重要なのは、親が子どもと真正面から向き合うこと ...

登校拒否症(不登校)

登校拒否の原因はこれだと決めつけるのでなく、ひとりひとりの子どもは、みんな違う状況によって登校拒否を起こしているのだという視点が必要です。「勉強がわからない」「友だちができない」「いじめ」という学校での問題は、登校拒否の大きな原因とな ...

青い鳥症候群

青年期は、仕事や職業を通してどのような役割を果たしていくのかという自己探究と並行して、「自分とは何か」という根本的な問いかけに答えを出す大切な期間です。

心の病とライフサイクル

ライフサイクルの各段階での心の成長と発症しやすい心の病には、次のようなものがあります。

思春期症候群

思春期は、身心両面で大きな変化のなかにあるので、病気や心の揺れが現れやすい時期といえます。

家庭内暴力

家庭内暴力は通常、言葉による攻撃から始まります。親を「おまえ」とか「おい」とか呼び捨てにして、大声を出したり、汚い言葉でののしったりします。