うつ病

うつ病は、憂うつでふさぎ込んでしまう抑うつ気分を主症状とする精神疾患で、興味や喜びの感情が起こらなくなったり、気力・行動力・集中力の低下、罪の意識などを伴います。
また、からだの病気がないのに、疲れやすい、食欲がなくなって体重 ...

登校拒否症(不登校)

中学2年生の秋から学校に行かなくなりました。体調を崩して学校を休んだりしているうちに、集団生活についていけなくなってしまったのです。

登校拒否症(不登校)

私は、高校1年生の2学期から、朝起きると頭痛がするようになっては学校を休むことが多くなりました。母に近所の総合病院の精神神経科に連れて行かれました。

登校拒否症(不登校)

起立性調節障害の治療に効果があると、医学雑誌にも掲載され、近年注目されている成分が「L-テアニン」という成分で、朝起きられないという子どもの起立性調節障害に対しての効果も発表されています。

引きこもり

不登校のケースと同様、家族はいろいろな手段で、本人に外出や就学、就労を促しますが、その結果、本人の劣等感や被害感は増強され、さらに引きこもり傾向が強まるという悪循環に陥ってしまいます。

登校拒否症(不登校)

登校拒否は非常に多くの側面をもつ複雑な現象です。登校拒否のタイプ別分類を見てみましょう。学校生活に起因、遊び・非行、無気力、不安など情緒的混乱、意図的な拒否、複合型などタイプ別の説明

思春期症候群

ストレスが学習意欲の減退や、不登校といった状態の大きな原因となっていることに留意する必要があります。

登校拒否症(不登校)

登校拒否への対応には早期発見、早期解決が必要になります。親がその本質を理解して励ますことも可能で、それだけで子どもが登校を再開し、克服するという例も少なくありません。

登校拒否症(不登校)

登校拒否の原因はこれだと決めつけるのでなく、ひとりひとりの子どもは、みんな違う状況によって登校拒否を起こしているのだという視点が必要です。「勉強がわからない」「友だちができない」「いじめ」という学校での問題は、登校拒否の大きな原因とな ...

登校拒否症(不登校)

一般的な登校拒否の初期症状は、腹痛など、からだの異常の訴えが多いようです。休日には症状はあまりみられません。また、登校拒否症状を示していて、周囲にもそう思われている子どもが、実は身体疾患のために学校に行けないという場合があり、注意が必 ...